漫画家どっとこむ☆
日本の文化を支える敬愛すべき漫画家先生の
顔や年収などをチェックしちゃいます♪
あの漫画家は今・・・

冨樫義博の今現在は?連載休載の理由や復帰はいつ?弟も漫画家!嫁・武内直子との年収や子供について

今でもTVの専門チャンネルなどで、
よく放送されている、
幽遊白書】!

2017年はアニメの放送開始から、
なんと!
25周年となるんですね!?

ちょっと前には、
スマホのアプリに登場したりと、
未だに根強い人気のある、
【幽遊白書】ですが、

この作品の作者である、
冨樫義博先生は、

これもまたアニメ化されて、
大人気となっている、
【HUNTER×HUNTER】が、
現在休載中ということで、
ファンとしては、
連載の再開が待ち遠しいところ、
ですよね・・・?

そんな冨樫義博先生って、
どんな漫画家なのでしょうか?

2017年で漫画家生活30周年を迎える、
冨樫義博先生について、

連載を休んでいる理由などについても、
あわせてチェックしてみましょう♪

(主な内容)

  • 冨樫義博 プロフィール
  • 【HUNTER×HUNTER】休載の理由は病気?連載再開はいつ?
  • 冨樫義博、武内直子との馴れ初めやふたりの年収は??

 連載再開については【追記】があります!

スポンサードリンク

冨樫義博 プロフィール


(YouTubeより引用・加工)

冨樫義博 プロフィール
ペンネーム 冨樫義博
本名 (同じ)
生年月日 1966年4月27日
血液型 A型
身長 ―
学歴
  • 新庄市立沼田小学校
  • 新庄市立明倫中学校
  • 山形県立新庄北高等学校
  • 山形大学教育学部美術学科
出身 山形県新庄市
デビュー作 とんだバースディプレゼント(1987年)
主な作品
  • とんだバースディプレゼント
    (1987「増刊少年ジャンプWinter Special」)
  • オカルト探偵団PART1
    (1988増刊少年ジャンプAutumn Special」)
  • オカルト探偵団PART2
    (1989「増刊少年ジャンプ Spring Special」)
  • HORROR ANGEL
    (1989「増刊少年ジャンプWinter Special」)
  • 狼なんて怖くない!!
    (1989「週刊少年ジャンプ」)
  • てんで性悪キューピット
    (1989-1990「週刊少年ジャンプ」)
  • 幽☆遊☆白書
    (1990-1994「週刊少年ジャンプ」)
  • レベルE
    (1995-1997「週刊少年ジャンプ」)
  • HUNTER×HUNTER
    (1998-「週刊少年ジャンプ」)
備考
  • 弟:冨樫(冨樫秀昭)
  • 妻:武内直子
    子供が2人いる?
    (息子と娘)

※2017年3月現在

冨樫義博先生は、
大学在学中から「週刊少年ジャンプ」の、
新人漫画賞に投稿してきました。
投稿してきた作品が、
ホップステップ賞の佳作受賞や、
手塚賞準入選となり、

そして3作の投稿を経て、

【とんだバースディプレゼント】が、
「週刊少年ジャンプ」の増刊号に掲載されたことで、
冨樫義博先生は漫画家としてデビューしました。

その後いくつかの読み切り作品を経て、

ようやく、
【狼なんか怖くない!!】で、
「週刊少年ジャンプ」本誌に掲載!

狼なんて怖くない!! (ジャンプコミックスDIGITAL)
コチラの単行本は、
冨樫義博先生のデビュー作も掲載されています♪

 

そして、
【てんで性悪キューピット】が、
初連載となりました!

てんで性悪キューピッド 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

この頃は悪魔や狼など、
実在しないものが登場する、
軽いラブコメディといった感じですよね?

ジャンプ特有の、
バトル的な要素はなかったですが、
筆者個人はこの頃の作品はわりと好きだった記憶があります。
(とにかく懐かしい!!)

 

その後冨樫義博先生初連載が終了し、

1990年から連載スタートした、
【幽☆遊☆白書】。

幽★遊★白書 1【電子書籍】[ 冨樫義博 ]

【幽☆遊☆白書】はご存知、
アニメ化されており、
第39回小学館漫画賞
少年部門を受賞した、

冨樫義博先生を代表する、
作品のひとつですよね。

内容は妖怪とのバトル漫画、
ということですが・・・

最初は主人公・幽助が死んでしまうところから、
物語がスタートするのですが、
生き返るための試練を与えられるんです。

その試練をクリアしていく過程が・・・
実は筆者の一番好きな話でした^^;
(→ちょっと変わっていますがww)

しかし初めの、
コメディタッチでありながら、
ちょっと感動する話から一転して?

次第に仲間とともに妖怪と闘う、
ジャンプの代名詞ともいえる、
内容となり、

そこから、
漫画の人気が高まっていったようです。

確かに、
【幽☆遊☆白書】の人気はスゴかった!!

当時のジャンプと言えば、
【ドラゴンボール】や、
【SLUM DUNK】といった漫画が連載されており、
それらの作品と並んで、
人気が高かった、
ジャンプの看板作品のひとつでもありました^^

ちなみに・・・
【幽☆遊☆白書】の連載が終了した背景には、

冨樫義博先生の持病の悪化と、
無理やり連載を続けても、
同じことを読者が飽きるまで繰り返すだけになってしまう、

そのような理由から、
自ら連載終了を決めたそうです。

確かに。
人気漫画って、
正直・・・面白い漫画であっても、
途中からは無理やり続けている感があって、
飽きてくるんですよねw

それで読まなくなった漫画も、
筆者自身結構あるので、

この冨樫義博先生の決断は、
本当に読者のことを考えた決断といえますよね!

さて人気が衰えないうちに、
【幽☆遊☆白書】の連載が終了したあと、

次に、
【レベルE】をスタートさせますが・・・

レベルE 上【電子書籍】[ 冨樫義博 ]

コチラはシニカルなSF漫画、
ということで、
これもまた人気が高い作品でしたね!

しかしこの作品。
アシスタントをひとりも雇わずに、
冨樫義博先生ひとりで描いた作品、
とのこと!

そのため週刊誌でありながら、
月1連載だったそうです。
(ちなみに連載終了後からなんと14年後に、
アニメ化されました!)

 

そして1998年に、
これもまた2度アニメ化され、
大人気となった、

【HUNTER×HUNTER】の連載が、
スタートします。

HUNTER×HUNTER モノクロ版 1【電子書籍】[ 冨樫義博 ]

って・・・
こんな前から連載してたんだ??

と改めてビックリなんですが。

【HUNTER×HUNTER】といえば、
連載期間は長いものの、
長期にわたりよく休載している作品として、
有名ですよね?

次のページで、
【HUNTER×HUNTER】の休載の理由や、
連載再開の時期について、
まとめてみました!!

1 2

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)