漫画家どっとこむ☆
日本の文化を支える敬愛すべき漫画家先生の
顔や年収などをチェックしちゃいます♪
小学館

伊藤潤二ホラー漫画家、漫勉に登場!富江やうずまきなどおススメ作品や経歴や結婚などwikiプロフィール

ホラー漫画って、
最近は久しく読んでいませんね・・・

昔はホラー漫画専門雑誌、
というのをよく見かけ、
たまに読んでいましたが、

トラウマになるぐらい?
怖い漫画が結構あったりしましたw

同じホラーでも、
山咲トオル先生の漫画みたいに、
内容はギャグなら、
怖くないんですけどね(笑)

さて、
【浦沢直樹の漫勉】シーズン4!
2回目に登場される漫画家は、

伊藤潤二先生!

伊藤先生は映画にもなった、
【富江】シリーズを描かれた方ですが、

どんな漫画家なのでしょうか?

早速チェックしてみましょう!

(主な内容)

  • 伊藤潤二 プロフィール
    伊藤潤二は猫が好き?
  • 伊藤潤二の意外な経歴
  • 伊藤潤二、おススメの作品
スポンサードリンク

伊藤潤二 プロフィール

伊藤潤二 プロフィール
ペンネーム 伊藤潤二
本名  ―
生年月日 1963年7月31日
血液型  ―
身長  ―
学歴
  • 岐阜県立中津高等学校
  • 歯科技工士専門学校
出身 岐阜県中津川市
デビュー作 富江
(1986年「月刊ホラーM」)
主な作品
  •  富江
  • 屋根裏の長い髪
    (1990)
  • 地下室
    (1990)
  • 屋敷
    (1990)
  • 首吊り気球
    (1994)
  • 死びとの恋わずらい
    (1997)
  • 双一
  • うずまき
    (1998-1999「ビックコミックスピリッツ」)
  • ギョ
    (2002「ビックコミックスピリッツ」)
  • ミミの怪談
    (2003)
  • 闇の声
  • 地獄星レミナ
  • ブラックパラドクス
  • 魔の断片
  • 溶解教室
  • 潰談
    (2013)
  • 恐怖の重層
    (※2017新作!)
  • 怪、刺す
    (原作:木原浩勝)
  • 憂国のラスプーチン
    (原作:佐藤優 脚本:長崎尚志)
  • 伊藤潤二のねこ日記 よん&むー
    (漫画エッセイ)

・・・他多数

 家族妻はイラストレーターの
石黒亜矢子
子供が2人
備考 現在は千葉県在住

※2017年3月現在

伊藤潤二先生は、
ここに全てを紹介しきれないくらい、
沢山の漫画を描かれています!

その作品のほとんどは、
ホラー漫画なのですが、

意外にも?
エッセイ漫画として、

伊藤潤二先生が飼っている猫について、
描いている漫画があるんですね♪

伊藤潤二は猫が好き?

伊藤潤二先生は一緒に暮らしている猫と、
漫画にも登場する、
妻の石黒亜矢子さんとの日常を、
エッセイ漫画として描かれています。


伊藤潤二の猫日記 よん&むー (ワイドKC 週刊少年マガジン)

ホラー漫画を描かれる、
普段の感じとは全然違いますね^^

ちなみにAmazonの作品紹介によると。

笑いと恐怖は紙一重

と書いてありますww

伊藤潤二先生は元々犬派で、
猫に対しては、
ちょっと怖い印象があったそうですが、

猫好きの妻の希望で、
猫を飼うことになりました。

漫画では大げさに描いているものの、
実際に起きたエピソードを元に描いてあるので、

猫を飼っている人に、
きっと共感される漫画だと思います!

現在はこの漫画のタイトルにある、
「よん」こと「よんすけと」
「むー」はおらず、

保護猫だった、
「てんまる」と「とんいち」
という猫を飼っているとのこと!

伊藤潤二先生は、
猫ちゃんたちにメロメロな様子です^^

 

伊藤潤二の意外な経歴

さて伊藤潤二先生。
なんと!保育園の頃から、
楳図かずお先生や古賀新一先生の漫画を、
夢中になって読んでいたそうです。

小さい頃にホラー漫画読むと、
何だかトラウマになってしまいそうですよね^^;

筆者も幼い頃、
楳図先生の漫画を読んでいましたが、
【まことちゃん】はギャグ漫画なので、
大丈夫だったのですが、
その他のホラー漫画は読めませんでしたねw

そしてホラー漫画に影響を受けた伊藤潤二先生は、
次第にご自分でも怪奇漫画を描くようになりました。

ところが!
伊藤潤二先生は学校を卒業しても漫画家にはならず、

歯科技工士専門学校を卒業されたこともあり、
歯科技工士として働いていました。

しかし。
当時愛読していたホラー漫画雑誌、
「ハロウィン」(懐かしい!)に、
「楳図かずお賞」
という新人漫画賞が創設されたことから、

楳図先生に自分の漫画をアピールしたい!
という思いで、
漫画の投稿を決意。

そして1986年に投稿した作品、
【富江】

後に映画化となってヒットした、
伊藤潤二先生を代表する作品なのですが、

これが、
「第1回楳図かずお賞」にて、
佳作入選(第一席)となり、

伊藤潤二先生は漫画家として、
デビューしました!


伊藤潤二傑作集 1 富江 上【電子書籍】[ 伊藤潤二 ]

【富江】は日本を代表する、
ホラー映画にもなっていますが、

実は、
伊藤潤二先生のデビュー作だったんですね!?

スゴイです・・・!

小さい頃からホラー漫画を読み、
描いてきただけありますね!!

さて、
漫画家としてデビューした伊藤潤二先生は、
その後しばらくの間、
歯科技工士をされながら漫画を描いていましたが、

1990年に退職され、
それからは漫画家一本となりました。

 

スポンサーリンク

 

伊藤潤二、おススメの作品

それでは伊藤潤二先生の作品を、
いくつかご紹介します♪

【うずまき】

うずまき (ビッグコミックススペシャル)

この作品は筆者も当時、
「ビックコミックスピリッツ」で読んでましたねー!
(懐かしい!!)
なんとも不気味な話だったことは覚えていますが・・・
詳細は忘れてしまったので(汗)
今度久々に読んでみようと思います。

 

【ギョ】

ギョ(1) (ビッグコミックス) [ 伊藤潤二 ]
伊藤潤二先生を検索すると、
「魚」のワードが出てきますが、
それはおそらく、
この作品のことでしょうね?

ちなみにこの作品。

パニックホラーということで、
読むとトラウマになりそうですが^^;

なんとも気になる作品です。

 

【魔の断片】

魔の断片 (朝日コミック文庫) [ 伊藤潤二 ]

これは短編集となっているので、
伊藤先生の作品を色々読みたい!
人にはおススメかな?
と思います。

 

ところで伊藤潤二先生は、
2017年で漫画家生活30周年を迎えます!

それをうけて、
朝日出版社による伊藤潤二先生のサイト、
【伊藤潤二の呪いの館】が、
3月3日よりオープンしました!

このサイトでは伊藤潤二先生の作品紹介や、
無料試し読みも出来るので、
伊藤先生の作品をもっと詳しく、
知ることが出来るサイトとなっています。

また3月9日の【浦沢直樹の漫勉】では、
新作【恐怖の重層】の制作過程に密着するとのことなので、
執筆風景など楽しみにしたいと思います!

※TV見逃した方は【浦沢直樹の漫勉】の公式サイトを、
チェックしてみて下さいね♪

 

この人も実はホラー漫画家!?※関連記事※

山咲トオル、ピーク時の年収は?オネエ系ホラー漫画家の今現在や本名、結婚などwikiプロフィールや実は干されていた?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)