漫画家どっとこむ☆
日本の文化を支える敬愛すべき漫画家先生の
顔や年収などをチェックしちゃいます♪
男性漫画家

堀越耕平ヒロアカ作者休載の原因は病気?顔や結婚、作品などプロフィールや絵がスゴイ!

皆さんヒーローは好きですか?

今回は「個性」という異能の力を武器に戦う大人気のヒーロー漫画、
【僕のヒーローアカデミア】を手掛ける堀越耕平先生に、
スポットを当ててみようと思います。

【僕のヒーローアカデミア】といったら、
2014年に惜しまれつつも完結した【NARUTO】の後を継ぐかのように、
連載初期から熱いストーリー展開が注目されて、
瞬く間に【ONE PIECE】に次ぐ看板作品となった作品です。

今や人気の漫画家の一員に加わった堀越耕平先生ですが、
2017年になってから休載が目立つようになってきたので、
ファンの方々から体調を心配するの声が上がっています。

筆者も【僕のヒーローアカデミア】は大好きな作品なだけに気になったので、
堀越耕平先生の体調のことを調べてみました。

他にも尾田栄一郎先生との関係性についても調べてみたので、

一緒にチェックしてみましょう♪

(主な内容)

  • 堀越耕平 プロフィール
    堀越耕平、結婚や彼女っているの?
  • 堀越耕平とワンピース・尾田栄一郎との関係は?
  • 堀越耕平、ヒロアカ休載の原因は?
  • 堀越耕平のおススメ作品
スポンサードリンク

堀越耕平 プロフィール


(【漫道コバヤシ】出演時より※「恥ずかしい」のでマスクをつけて登場)

堀越耕平 プロフィール
ペンネーム堀越耕平
(ほりこしこうへい)
本名堀越耕平
(ほりこしこうへい)
生年月日1986年11月20日
血液型 ―
身長 ―
学歴
  • 東邦高等学校 卒業
  • 名古屋芸術大学 デザイン学部 イラストレーションコース 卒業
出身愛知県
デビュー作テンコ
(2007年「赤マルジャンプ2007 SUMMER」)
主な作品≪連載作品≫

  • 逢魔ヶ刻動物園
    (2010-2011「週刊少年ジャンプ」)
  • 戦星のバルジ
    (2012「週刊少年ジャンプ」)
  • 僕のヒーローアカデミア
    (2014-「週刊少年ジャンプ」)

≪読み切り作品≫

  • テンコ
    (2007「赤マルジャンプ2007 SUMMER」)
  • 僕のヒーロー
    (2008「赤マルジャンプ2008 WINTER」※【僕のヒーローアカデミア】の前身となる読み切り作品)
  • 進化ラプソディ
    (2008「赤マルジャンプ2008 SUMMER」)
  • 逢魔ヶ刻動物園
    (2010「週刊少年ジャンプ」※連載版の前身となる読み切り作品)
  • 宇宙少年バルジ
    (2011「少年ジャンプNEXT! 2011 SUMMER」※【戦星のバルジ】の前身となる読み切り作品)

≪原作担当作品≫

  • 僕のヒーローアカデミアすまっしゅ!!
    (2014 ※元アシスタント根田啓史が作画を担当)
受賞歴【ヌケガラ】

  • 第72回手塚賞佳作 受賞(2006)
師匠田中靖規
元アシスタントミヨカワ将、大竹利朋、芝田優作、根田啓史、渡辺千紘、堀江隆

※2017年11月現在

ところで堀越耕平先生について調べてみたら、
よくプリキュアと一緒に検索されて
いるのは皆さんご存知でしたか?

これはpixivで、
プリキュアのイラストを数点公開しているからみみたいですね。

堀越耕平先生がプリキュアを描くと一気に少年漫画調になって、
今にも素手で殴りあうバトルものみたいな雰囲気になっているので、

これはこれとしてまた人気が出そうです^^

それにしても堀越耕平先生といったら、
アメコミテイストが強く、
ストリート系を若干意識したような絵柄が特徴的ですね。

しかも各作品に登場するキャラクターのデザインが、
非常にカッコいいんです。

特に悪役のキャラのデザインが、
不気味で攻撃的な感じがうまく出ていて、
いい味出してるんです。

あと作品内で見られるキャラクターの絶望した表情や、
不安が頭をよぎっている時の表情、
泣き顔や激昂している表情といった、
ネガティブな感情を表現するのがズバ抜けてます。

とはいっても、
堀越耕平先生も今でこそ、
【僕のヒーローアカデミア】で大ヒットをとばしているけど、
ここまで来るのには順風満帆だった訳ではないようです。

大学在学中に読切作品の【ヌケガラ】で手塚賞野化策を受賞して、
【テンコ】で漫画家デビューを果たします。

翌年【僕のヒーローアカデミア】の前身となる、
【僕のヒーロー】を読み切りで発表します。
この作品では主人公が緑谷弱という名前で、
不健康そうなひ弱なサラリーマンになっていました。

物語は面白いけど主人公のヴィジュアルがイマイチ少年誌らしくなく、
このままだったらあまり人気は出なかったかもしれませんね。

すぐに連載には繋がらないものの、
2年後になってやっと初の連載作品となる、
【逢魔ヶ刻動物園】に漕ぎつけるのです。

動物達の特徴を捉えたキャラクターデザインが斬新だと注目されるも、
5巻で打ち切られてしまいます。

そして次こそはと新たな連載作として発表したのが、
【戦星のバルジ】だったのですが、

短命で打ち切られてしまうのです。


戦星のバルジ(1) (ジャンプコミックス) [ 堀越耕平 ]

さすがに2作目がより短命で終わってしまうのは精神的にきつかったようで、
新作のネタが思いつかなくなってしまったといいます。

そこで過去の読み切り作品の【僕のヒーロー】に目を付けて、
ヒーローものだけに描きやすかったため、
手を加えて連載版として【僕のヒーローアカデミア】が生まれました。

思いのほか苦労されているだけに、
本当にヒットしてよかったです!

 

そういえば堀越耕平先生といったらイケメンという噂があるのですが、
テレビ出演ではマスクを被っているため、
顔出しはNGのようです^^;

でも1枚だけ顔が映っている画像がありました。


出所は不明なんですが、
マスクを取った姿から想像しても間違いなさそうですが、

髪が長くてなんだかバンドマンっぽい雰囲気があって、
たしかにカッコいいですね!

そうなると気になるのが結婚されてるのか調べてみましたが、
公式には結婚について何も発表されていないようです。

おそらく連載が忙しくて、
それどころではないのでしょうね。

プロフィールはこれくらいにして、
次は気になる尾田栄一郎先生との関係に迫ろうと思います。

 

スポンサーリンク
 

堀越耕平とワンピース・尾田栄一郎との関係は?

お互い2017年時点では、
「週刊少年ジャンプ」の2大看板ともいえる売れっ子漫画家なだけに、
2人の関係が気になりますよね。

どんな関係があるのか調べてみたところ、
【ONE PIECE】のコミック内で行われているウソップギャラリーに、
堀越耕平先生が学生時代の時に投稿した、
スモーカーのイラストが掲載されたことがあるそうです。

そしてそのことを、
直接尾田栄一郎先生に伝えることを目標にしていた堀越耕平先生が、
ついに新年会の時にお会いして伝えることに成功したということでした。

さらに尾田栄一郎先生がコミックス77巻で、
1ページまるまる使って、
ウソップギャラリー投稿者からジャンプ作家が誕生したと報告と同時に、
堀越耕平先生にエールを送っています。

ONE PIECE 77 ジャンプコミックス / 尾田栄一郎 オダエイイチロウ 【コミック】

作品のファンがら、
同じジャンプ作家としてライバルであり戦友のような関係になったというのは、
感慨深いものがありますね。

 

堀越耕平、ヒロアカ休載の原因は?

さて【僕のヒーローアカデミア】の読者が最も気になっているのが、
2017年に入って休載が増えたことではないでしょうか?

筆者も作品のファンなのでとても心配しているのですが、
休載の理由が体調不良ということなので気になりますよね?

病気なのか調べてみたところ、
詳しい情報は公開されていませんでした。

とりあえずは安心してもよさそうです。

2週連続で休載やチョキの休載という訳ではないため、
入院したりするほどの大病ではないのでしょう。

ただでさえ週刊雑誌の連載はスケジュールがハードなのに、
2017年は【僕のヒーローアカデミア】のアニメ第2期が、
3月~9月まで放送されていました。

連載とコミックス作業以外にもやることが多くて、
アニメ関連やイベントなどで大変だったのが原因かもしれませんね。

とりあえずは無理をせずに、
体調管理に気を付けて長く連載してほしいですね!

では最後に、
越耕平先生のおススメ作品をチェックしてみましょう。

 

堀越耕平のおススメ作品

ここからはおススメ作品を2つ紹介したいと思います。

まずひとつ目は【僕のヒーローアカデミア】です。

僕のヒーローアカデミア 1【電子書籍】[ 堀越耕平 ]

堀越耕平先生の代表作で、
すでにアニメ第3期が制作されることが決定しています。

簡単にあらすじを説明すると、
世界中の人々が個性と呼ばれる超常の力をもっていて、
その力を乱用して悪事に手を染めるヴィランが続出していました。

人々が安全に暮らせるように悪事を働くヴィランを取り締まるべく、
個性を使用してヴィランに立ち向かうヒーローという職業が生まれました。

犯罪者とヒーローが混在するこの世界をより安定させるべく、
一人のスーパーヒーローが平和の象徴になり舞ったのです。

そのヒーローの名前は「オールマイト」。

オールマイトは日本中の人々から愛される国民的ヒーローになります。

そんなオールマイトに憧れる無個性の少年・緑谷出久も、
将来の夢はヒーローになることでした。

しかし無個性の出久は特別な力を持たずして生まれてきたのです。

無個性であることで出久は、
優秀な個性を持つ幼馴染の爆豪勝己に、
幼稚園から中学時代まで馬鹿にされ続けます。

それでも出久は諦めずにヒーローになるために、
日夜ヒーローたちの研究をするのです。

そんなある日出久はヴィランに襲われてしまうのですが、
偶然通りかかったオールマイトに助けてもらうのです。

そしてオールマイトに出会ったことで、
無個性だった出久が、
オールマイトの個性「ワン・フォー・オール」を受け継いで、
スーパーヒーローへと成長していく物語です。

本当にざっくりとしたあらすじですが、
とにかくこの作品は1話を読んで欲しいですね。

1話に無個性として生まれてきた出久の苦悩と挫折、
ヒーローになりたい・人を助けたいという思いがすべて詰まっています。

間違いなくこの一話を読んだら、
この作品の虜になってしまうことでしょう。

もちろん1話だけでなく、
他にもおすすめのエピソードはたくさんあります。

中でも多くの人がお気に入りとして挙げるであろうエピソードが、
2巻に収録されている、
8話~11話までの出久と爆轟の初バトルではないでしょうか?

僕のヒーローアカデミア 2【電子書籍】[ 堀越耕平 ]

このエピソードでは、
オールマイトから受け継いだ個性「ワン・フォー・オール」と、
日々のトレーニングで急激に力を付けた出久と、
今まで馬鹿にしてきた出久が、
知らない間に目を見張るような力をつけていたことを認めたくない、
爆轟がぶつかり合います。

この二人の関係は物語に強く影響していくので、
この場面は見逃せません。

相反する2人の心理描写までしかっりと描かれているので、
非常に見ごたえがありますよ!

他にも語りたいことはたくさんありますが、
長くなるのでこれくらいにしておきます。

 

2つ目のおススメ作品は、
【逢魔ヶ刻動物園】です。

逢魔ヶ刻動物園 1【電子書籍】[ 堀越耕平 ]

この作品は、
堀越耕平先生のキャラクターデザインのセンスが光る作品です。

あらすじを簡単に首魁すると、
人気のない不思議な動物園を舞台に、
兎の姿にされるという呪いを受けた、
精神年齢が10歳くらいで止まっているような園長の椎名と、
なんにもとりえのない、
何をしてもダメな少女蒼井華が動物園を運営して、
「天下一の動物園」にする為に奮闘するという物語です。

物語の途中から椎名の呪いを解く秘密や、
椎名と同じように呪いを受けた人間が出てきて、
バトル漫画に変化していくので、
若干「天下一の動物園」という目標はどうした?と、
ツッコミを入れたくなるかもしれません^^;

でもそんなの気にならないくらい、
キャラクターのデザインが特徴的なので、
眺めているだけでも楽しめる作品ですよ!

長くなってしまいましたがどうでしょう。
少しでも堀越耕平先生についてわかっていただけたでしょうか?

ヒット作に恵まれて、
今は今後のストーリー展開に試行錯誤しながらも、
楽しく作品制作に望めているようなのでいいです。

【戦星のバルジ】が終わった時のように、
ネタが思憑かなくなるくらいのスランプに陥らないように、
適度に休息をとりながら、
できることなら長く漫画制作を続けてほしいと願っています。

これからの【僕のヒーローアカデミア】の展開に期待しながら、
今後も堀越耕平先生を応援していこうと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)