漫画家どっとこむ☆
日本の文化を支える敬愛すべき漫画家先生の
顔や年収などをチェックしちゃいます♪
講談社

鈴木由美子、今現在の活動や漫画の作品を紹介!家族や子供は愛犬!?

今・・・「カンナさん」というと、
現在ドラマで放送されている、
深谷かほる先生の【カンナさーん】を思い浮かべると思いますが、

筆者は最初このタイトルを見た時、
まず思い浮かんだのが、
【カンナさん大成功です!】という漫画でした。

・・・「カンナさん」という名前が同じなだけで、
もちろん全く別の漫画ですww

そして同時に、
鈴木由美子先生の作品を思い出してしまうんです。

鈴木由美子先生の漫画といえば、

「美人だけどなぜか残念」な主人公をよく描いている、
というイメージがあり、

笑えてちょっとジンと感動する、
そんな作品があって、
とても大好きでよく読んでいました^^

そういえば・・・
鈴木由美子先生って、
現在はどんな漫画を描いているのだろう??

とっても気になったので、
チェックしてみましょう♪

(主な内容)

  • 鈴木由美子 プロフィール
  • 鈴木由美子先生のおススメ作品
  • 鈴木由美子、今現在は?
スポンサードリンク

鈴木由美子 プロフィール

鈴木由美子 プロフィール 
ペンネーム 鈴木由美子
本名  ―
生年月日 1960年6月11日
血液型  ―
身長  ―
学歴 千葉大学教育学部 卒業
出身 静岡県下田市
主な作品
  • ジョーダンはよしこちゃん!
  • 女の道
  • いずみちゃんといずみくん
  • 東京生まれにゃ、こたえるゼ!
  • Eかもしんない
  • 白鳥麗子でございます!
    (1987-1992「mimi」)
  • 新・白鳥麗子でございます!
    (1992-1997「Kiss」)
  • いけいけ!バカオンナ
  • オマタかおる
  • おそるべしっっ!!!音無可憐さん
  • カンナさん大成功です!
  • クソババァに花束を!!
  • ビバ!山田バーバラ
  • アンナさんのおまめ
  • ひゃほ〜♪ウニファミリー
備考
  • きょうだい:姉
  • 愛犬(マルチーズ)と暮らしている

※2017年9月現在

鈴木由美子先生をまず調べると、
いろんな大学の名前出てくるので、
それらの大学がご出身かと思ったら、

それは、
「同姓同名」の「鈴木由美子」さんのことらしく^^;

「漫画家」の鈴木由美子先生は、
千葉大学を卒業されています!

鈴木由美子先生といえば、
筆者の勝手なイメージとして、
【白鳥麗子】のような、
長い髪のソバージュヘアーという、
バブルっぽい雰囲気のイメージがあったので、

実際はどうなのか?というと、

ネットなどで顔写真を拝見すると、
愛犬と共に写っている写真を、
公式ブログなどで数多く見ることが出来るのですが、

これがイメージどおりの?美人なんですね^^


(出典:https://ameblo.jp/uninegi611/より引用)

鈴木由美子先生のブログを拝見すると、
ご自身の写真もよく掲載されているのですが、
それよりも・・・
愛犬のマルチーズの記事が本当に多く見られ、

家族の一員として、
愛犬をとても溺愛している様子です^^

筆者も犬を飼っていますが、
もう自分の子供のようにめちゃ溺愛してますので、
鈴木由美子先生がワンちゃんたちを本当に可愛がって、
大切にしている気持ち・・・正直よく分かります!!

そんな愛犬たちとの生活を綴った、
エッセイ漫画。

【ひゃほ〜♪ウニファミリー】

ひゃほ~♪ウニファミリー(1) (Kissコミックス)

これは鈴木由美子先生が実際に飼っていた、
4頭の愛犬との生活を描いた作品となっていて、

犬好き!
特に・・・マルチーズ好きならきっと、
共感できる1冊ではないかと思います^^

犬好きな筆者も個人的に、
これは要チェックしている作品です☆

そんな鈴木由美子先生。
ご結婚とかされているのか?
気になるところですが・・・

ブログ等を拝見したところ、
おそらく・・・独身ではないかな?
と思われます。

なので鈴木由美子先生にとっては、
愛犬が子供、
といった状態なのかもしれません。

そして今は、
「タマ」さんというマルチーズと暮らしている、
鈴木由美子先生。

「生涯最後のマルチーズ」というお気持ちで、
家族に迎い入れたそうなので、

どうか出来る限り・・・ワンちゃんには長く、
そして元気でいて欲しいなあと思います。

 

さて鈴木由美子先生。
最近の私生活などといったことは、
ブログなどで拝見することが出来るのですが、

意外にも・・・
どうやってデビューされたのか?
いつ頃デビューされたのかなどといった情報が、
ほとんどど見当たらなくて。

【ジョーダンはよしこちゃん!】
【女の道】
【いずみちゃんといずみくん】
【東京生まれにゃ、こたえるゼ!】
【Eかもしんない】・・・など、

おそらくこの辺りが、
大ヒットした【白鳥麗子でございます!】より前に描かれた、
初期の作品ではないかと記憶しています。


ジョーダンはよしこちゃん (講談社コミックスミミ)

 

鈴木由美子のおススメ作品

鈴木由美子先生の作品といえば、
思い浮かぶのが・・・まず、
一躍有名にした作品、

【白鳥麗子でございます!】

白鳥麗子でございます!(1) (Kissコミックス)

いかにも!?
金持ちのお嬢様で美人!という雰囲気満載の、
主人公じゃないかっていうタイトルですが。

まさにその通りですよね(笑)

美人でお金持ちの主人公・白鳥麗子は、
地元の同級生男子の哲也くんが好きなのですが、
美人がゆえにプライドが高く、
好きな人の前では素直になれないんです。

そしてそのプライドが邪魔するが故に、
いつもとんでもないトラブルが起きたり、
誤解してしまったりするという!?

そんなラブコメディとなっています。

この白鳥麗子。
一見みるとプライド高くて、
嫌な感じなんですが、

読み進むうちに、
この白鳥麗子っていうキャラ、
憎めなくなっちゃいます(笑)

とにかくいつも、
プライドが邪魔して哲也くんに誤解されてしまうので、
「もっと素直になればいいのに〜」ってつい、
応援したくなりますねww

この作品は1989年に、
第13回講談社漫画賞少女部門を受賞した作品となっており、

実写映画やドラマに、
OVAまで作られている作品となっています。

ドラマは一番最初はなんと!
鈴木保奈美さんが麗子役で主演されており、

その後第2期はTV局を変えて、
松雪泰子さんが主演を務めており、

更には松雪泰子さんバージョンは、
映画にもなりました♪

白鳥麗子でございます [DVD]

ちなみにコチラの映画は内田有希さんが主演した、
【花より男子】と同時上映だっとことでも話題になっていましたね^^
(懐かしいww)

松雪泰子さんの麗子は、
本当にハマり役だったと、
筆者個人的に強く記憶しています^^

 

と・・・
実写はここまでかと思っていましたが!?

実は2016年にも再び!
河北麻友子さん主演でドラマ化されていました。

30年もの間3回も実写ドラマにもなっている、
この【白鳥麗子でございます!】はまさに、
時代を超えても多くの人に愛されている作品であることが、
よく分かります。

確かに原作であるこの漫画は、
一度読むとずっとハマって読んでしまいたくなる、
そんな魅力がありましたね♪

 

他にラブコメディと言ったら、
筆者が特に好きなのが、
【カンナさん大成功です!】

カンナさん大成功です!1巻【電子書籍】[ 鈴木由美子 ]

これは見た目が本当に不細工な主人公が、
好きな人に振り向いてもらおうと、
数百万ものお金をかけて全身整形して、
スゴイ美女になって好きな人にアタックする、
という話です。

しかしいくら美人になったからといっても、
ホンモノの天然の美人と考え方が行動が違っているため、
時として見た目と行動が伴わないという(笑)

外見ばかり気にして、
中身の本当の大事な部分を見失いそうになることから、
なかなか好きな人との距離が縮まりませんが・・・

ただの外見が美しいだけの、
ゴーマンな美女にならないところが、
主人公・カンナさんの良さなんですよね。

笑いがありながらも、
時には考えさせられるコチラの作品は、

なんと!日本だけでなく、
韓国でも映画化されており、

鈴木由美子先生お得意の、
ラブコメディとなっています。

このように、
なにかが残念な?女性を主人公としたラブコメが多く、
それらの作品の面白さから、
実写ドラマ化されているものも多数あります。

それだけに、
鈴木由美子先生の作品は、
たとえ主人公が美人であっても、
何かしらの欠点があったりして、
妙に共感が得れる部分も多い気がします。

そんなラブコメ作品が多い中、

ちょっと雰囲気が違う作品が、
【クソババァに花束を!!】

クソババァに花束を!!1巻【電子書籍】[ 鈴木由美子 ]

花井愛子先生人気小説の、
【山田ババア花束を】と似たタイトルで、
何か関連があるのか?と筆者自身も感じたことがありましたが、

・・・全く別の作品です^^;

ただどちらの作品も、
ダニエル・キイスの【アルジャーノンに花束を】
これをもじったタイトル付けをされたそうです。

すみません(汗)
脱線しましたが・・・

この作品は、
養護施設の前に段ボールに入れられて置き去りにされた、
胡絽(ころ)という女の子が主人公。

胡絽は親に捨てられたとはいうものの、
里親に育てられて何不自由なく育ってきましたが、
突然「本当の母親」が現れます。

胡絽は本当の母親に会うのを拒否するも、
里親に説得されて再会し、
そして里親の家に同居することになるのですが・・・

そのとたんに、
母親は「性悪ババア」になり、
胡絽や家族を振り回すようになります。

この部分では、
本当に・・・この実の母親にムカムカしますがw

その後母親は、
痴呆が入ってしまい・・・

家族で介護をすることになります。

そこからは、
いつものラブコメとは違い、
老人の介護の問題を考えさせられる作品、
となっていて、

最後は泣いてしまいます・・・

鈴木由美子先生のラブコメじゃない、
いつもとは違ったものを読んでみたい!
と思うならぜひ、
この作品をおススメします。

 

スポンサーリンク
 

鈴木由美子、今現在は?

さて鈴木由美子先生。
現在も漫画家としての活動はされているのか?
気になりますが・・・

2017年9月現在は、
特に漫画家としての活動はないようです。

Twitterのプロフィールによると、
「お仕事を再開しようか」と考えているようですが、

それは漫画かどうかは分からないようなので?

あくまで推測ですが、
新作の漫画を執筆されるのは、
もうしばらく先になるのかもしれません。

鈴木由美子先生は、
ご自身の作品のLINEスタンプが販売されていますし、

今まで描かれた漫画はドラマ化されたり、
そして人気作が多いので、
印税などの収入があると思われるので、

漫画家としての活動がなくても、
ある程度なら生活には困らないかも?
しれません。

またブログなどを拝見したところ、
少し前までは愛犬の介護など、
家族のことで大変だったようなので、

もしかしたらそのために、
仕事をセーブされていたのではないでしょうか?

そして今はまだゆっくりと、
愛犬と共にご自分の生活を過ごしているところなのかな?
って気がします。
(あくまで推測ですが・・・)

いつになるのか分かりませんが、
鈴木由美子先生が再び新しい漫画を描かれる日が来るのを、
これからも心待ちにしたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)