漫画家どっとこむ☆
日本の文化を支える敬愛すべき漫画家先生の
顔や年収などをチェックしちゃいます♪
女性漫画家

幸田もも子・ヒロイン失格作者の顔や年齢などwikiプロフィールについて

先日TVで、
ヒロイン失格】という映画が放映されており、

以前から気になっていたので観てみました。

桐谷美玲さんの変顔や、
(桐谷さんの体に矢が突き刺さっているのが笑えたw)

そして我妻三輪子さんの、
六角精児似の女の子については、
元々は美人な女優さんだけあって、
その変化にビックリしますよね!?

☆まるで別人!?
太ってまで演技に臨んだ、
我妻三輪子さんについてはコチラ(※外部リンクへ)

この作品は、
キャラクターはもちろん、
話もとても面白く、

久々に良い作品を観たなあと思いました^^

 

さてこの【ヒロイン失格】という作品は、
原作が漫画、
ということですが・・・

その原作者の幸田もも子先生!

まだ若い方と思いますが、
なんだか気になりますww

どんな漫画家なのでしょうか?

チェックしてみましょう♪

(主な内容)

  • 幸田もも子 プロフィール
  • 幸田もも子、漫画を描き始めたキッカケは?
  • 大人気!【ヒロイン失格】ってどんな作品?
スポンサードリンク

幸田もも子 プロフィール

momoko
幸田もも子 プロフィール 
ペンネーム 幸田もも子
本名 松本もも子
生年月日 1984年9月24日
血液型 A型
身長  -
学歴
  • (小中高)和光学園
  • 和光大学 中退
出身 東京都
デビュー作 たまごやき
(2002年「別冊マーガレット」)
主な作品
  • アム アム ラバー
    (2005「デラックスマーガレット」)
  • どこへ行ったの? あのバカは
    (2005「ザ マーガレット」)
  • とってもかわいいあなたへ。
    (2006「ザ マーガレット」)
  • 魔女とラッキーボーイ
    (2006「別冊マーガレット」)
  • そんでむらさきどーなった?
    (2006「デラックスマーガレット」)
    スーパープリンスメン
    (2007「ザ マーガレット」)
  • 誰がスッピン見せるかよ
    (2007「デラックスマーガレット」)
  • 素直になれないアルビレオ
    (2007「ザ マーガレット」)
  • 姐さんカウントダウン!
    (2008「別冊マーガレット」)
  • 寄ってけ!音子村
    (2009「別冊マーガレット」)
  • ヒロイン失格
    (2010-2013「別冊マーガレット」)
  • センセイ君主
    (2013-「別冊マーガレット」)
主な
アシスタント
 森乃なっぱ 他
 (アシスタントは多い時で8人いて4人ずつ交代で作業している)
備考
  • 独身
  • PNの由来は好きな漫画の主人公が「幸田」だったから

※2016年10月現在

幸田もも子先生の年齢は2016年現在32歳!

ブログを始め、
Twitterや Instagramもされていますが、
皆さんも気になる?
お顔については、
あまり公表したくないようですね^^;

SNSなどにご自身の画像をUPされることもあるのですが、
その画像のほとんどは、
顔に手などを当てて、
口の辺りを隠したりするなどしています。

しかし!
その中でもちゃんとお顔が分かる写真を発見しました!!

それがコチラ♪
momoko1
(出典: Instagramより1部引用)

右側が幸田先生ということですが、
美人ですよね^^
ちなみに左の女性も漫画家で、
シタラマサコ先生!

東村アキコさんといい、
漫画家には美人が多いですww

 

ちなみに幸田先生。
漫画家以外の活動ですが、

4人組ボーカルユニット【ROOTFIVE】のリーダーで、
ミュージシャンのKOMA’N (コマン)さんとは呑み友達らしく、

2016年1月に発売されたKOMA’Nさんのシングル、
「今日を取り戻せ!」の作詞を
幸田先生が担当されているとのこと!


(YouTubeより)
前向きで明るい楽曲ですね^^
とてもステキな歌なのでぜひ聴いてみて下さいねー!

 

幸田もも子、漫画を描き始めたキッカケは?

幸田先生は小学校から大学中退するまで、
祖父の勧めで和光学園に通っていました。

中学では漫画【スラムダンク】の影響でバスケ部に、
高校ではバレー部に入部するものの、
長続きはしなかったそうです。

一方で中学の時は、
音楽室のピアノを借りて弾くのが好きで、
また漫画もこの頃から沢山読んでいたようです。

そんな幸田先生が漫画を描き始めたのは小5の時。

従姉の影響で漫画を描き始めたそうですが、
当時は漫画を描くのが流行っていたそうです。

そして幸田先生がノートに描いた漫画を、
美術科の先生がとても褒めてくれていたのが、
漫画を描き始めたキッカケのようです。

中一までのびのびと漫画を描いていた幸田先生ですが、
徐々に「オタク」と見られるのが恥ずかしい、
という気持ちが出てきたそうです・・・

しかし友人に、
「隠さなくてもいいじゃん」と言われたことから、
その後高校までずっと、
学生生活の遊びや息抜きの延長で、
漫画を描いてこられました。

ところが、
そんな遊びの状態でやっていたことに対して、
父親が怒ったそうです。

高校時代のマンガは私にとって息抜きであり、遊びの延長でしたね。そこで父が怒ったんです。そんなものは何の意味もない。本気でやれるものに取り組みなさいと。
(出典:和光人インタビューより)

そこでピアノと漫画、
どっちを本気でやるか考えた時、
本気になってずっと描き続けていいなら・・・
ということで、
漫画で生きていくことを決意したそうです!

そして高2の時に、
「別冊マーガレット」に投稿して、
入選となり、

高3の時は漫画と学業を両立して、
漫画家を目指していました。

普通に高校生活を送りながらも、
夜から朝にかけて漫画を描いていたそうなので・・・
大変だったと思いますが、
そこは若さで乗り切っていったんでしょうね^^

その後幸田先生は、
和光大学へ進学されましたが、

父親からは、
「単位だけはとれ!」と言われていたものの、

学業と漫画の両立は難しく・・・

そんな時に母親から、
「そんなんだったら辞めちゃえば」
そう言われたことで、

大学を辞めることを決意した、
幸田先生。

これで後がなくなってしまったことから、
それまで以上に漫画に集中することができるようになったそうです。

そうして2002年に漫画家としてデビューした、
幸田先生は、
現在「マーガレット」を中心に活躍する、
売れっ子漫画家のひとりとなりました。

次のページでは、
【ヒロイン失格】について紹介します!

1 2

POSTED COMMENT

  1. アバター 礒野慶子 より:

    私は、今、病気療養中です。
    暇な時間のあまり、書店によって、今さらながら『ヒロイン失格』 を、毎日、何回も読んでいさせていただいてます。
    すばらしいストーリー、描写に感動しています。
    よく、そんなストーリーを合わせて、描かれましたね。
    他の作品も、ぜひ読ませていただきたいと思います。
    今後の、ご活躍を、すごく応援しています。

    • アバター besuko より:

      礒野慶子 様

      記事へのコメントありがとうございます!
      私も入院していたことがありますが、
      入院中は本当に暇で退屈な中、
      色んな漫画を読んでいたことを思い出しました。

      【ヒロイン失格】を読まれたとのことで、
      映画化されただけあってステキな作品ですよね!

      他の幸田もも子先生の作品もぜひ、
      これを機会に読んでみて下さいね。

      そして早く病気が良くなりますように。
      お大事にして下さい。

besuko にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)