漫画家どっとこむ☆
日本の文化を支える敬愛すべき漫画家先生の
顔や年収などをチェックしちゃいます♪
女性漫画家

渡辺あゆ・漫画家の年齢や出身などプロフィールを調査!LDKついに完結、気になる新連載は?

多くの女性が憧れる、
「壁ドン!」

このシーンの元祖?と呼ばれているのが、

山崎賢人さんが主演した映画、
【L♥DK】

この映画の中での「壁ドン」シーンがカッコよすぎると、
当時話題になったようですが、

確かに・・・

あんなイケメン俳優に壁ドンなんてされたら、
たいがいの女性はやられてしまいますよね(笑)

さてその【L♥DK】の原作の漫画ですが、
2017年「別冊フレンド」の9月号にて、
ついに連載が終了してしまったことで話題になりました。

そこでこの大人気恋愛漫画を描かれた、
渡辺あゆ先生。

一体どんな方なんでしょうか?

チェックしてみましょう♪

(主な内容)

  • 渡辺あゆ プロフィール
  • 渡辺あゆ【L♥DK】と気になる作品
スポンサードリンク

渡辺あゆ プロフィール

渡辺あゆ プロフィール
ペンネーム 渡辺あゆ
本名  ―
生年月日 ?年8月6日
血液型  ―
身長  ―
学歴  ―
出身  ―
デビュー作 Secret Heaven
(第18回BF新人漫画賞受賞)
主な作品
(アンソロジー作品も含む)
  •  ヴァージンズ 最高の初体験
    (2001)
  • ヴァージンズ 感動の純愛
    (2002)
  • ウィート・ダーリン
    (2002)
  • 最高級に愛そうぜ!
    (2003)
  • 元カレ
    (2003)
    ※原作:小松江里子
  • 君だけに愛を。
    (2004)
  • 涙100万粒のリアル・ライフ
    (2005)
  • Dear Friends リナ&マキ
    (2005)
    ※原作:Yoshi
  • 最後の片想い
    (2005)
  • キミがスキ
    (2006-2007)
  • 一生に一度の本気愛
    (2006)
  • 恋バナ 赤
    (2006)
    ※原作:Yoshi
  • 恋バナ 青
    (2006)
    ※原作:Yoshi
  • ageha
    (2006)
    ※原作:桜井亜美
  • スキ ドキ
    (2007)
  • オトメゴコロ
    (2008)
  • やっぱり、純愛!
    (2008)
  • キミがスキPLUS
    (2009)
  • 禁断の恋人
    (2009)
  • 原色ツンデレ男子。攻めカレ
    (2009)
  • 原色ツンデレ男子。萌えカレ
    (2009)
  • 原色ツンデレ男子。純情カレシ
    (2010)
  • L♥DK
    (209-2017「別冊フレンド」)

・・・など

※2017年10月現在

渡辺あゆ先生のプロフィールをご紹介しようと思いましたが・・・
残念なことに、
情報がほとんど見つかりませんでした^^;

プロフィール情報などは、
公表されていないようです。

かろうじて誕生日だけは分かりましたが、

顏はもちろんのこと、
生まれた年や、

出身すら不明とは・・・!

またインタビュー記事といったものも、
あまり見当たらなかったので、

漫画家になった経緯など、
ご自身のエピソードなども分かりませんでした。
(もしかしたら見つけられないだけかもしれませんが)

もちろん、
独身か?結婚しているのか?
なんていうのも当然不明です☆

かろうじて、
ゲームがお好きだという情報だけ見つけました(笑)

渡辺あゆ先生は、
第18回FB(別冊フレンド)新人漫画賞を受賞されたことで、
漫画家としてデビューしていますが、

この「第18回」がいつになるのか?
ちょっと分かりませんでしたが・・・

作品歴を拝見すると、
2001年より作品を発表されているので、

あくまで想像ですが。

20歳くらいでデビューしたと考えた場合でも、
30代半ばは過ぎているという計算になるので、

30代には間違いないのかな?
っていう気がしますが・・・

実際はどうなんでしょうね?

まあ非公開の情報についてを、
これ以上追及するのも良くないので、
この辺で辞めておきますw

ところで渡辺あゆ先生の作品って、
タイトルを拝見しただけでも、
絶対胸キュンするような恋愛作品が多いような気がして、

とっても気になります。

それではここで、
渡辺あゆ先生の作品を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

渡辺あゆ【L♥DK】と気になる作品

まず渡辺あゆ先生といえば!

実写映画化にもなった、
【L♥DK】でしょう!

L・DK1巻【電子書籍】[ 渡辺あゆ ]

この作品は紙・電子書籍合わせて、
累計発行部数が1000万部を突破した作品です。

そしてこの作品から、
今ではすっかりお馴染みの言葉になった、
「壁ドン」という言葉が生まれ、
2014年の流行語大賞になったことは、
比較的記憶に新しいところです。

あらすじは、
1人暮らしをしていた女子高生・葵の隣室に、
みんなから王子と呼ばれているイケメン男子の柊聖が引っ越してきます。

最初は友人を振った嫌なやつと思っていた葵ですが、

ひょんなことから(葵が柊聖の部屋を水浸しにしたw)、
一緒に住むことになるという、

冒頭から気になる展開となっています。

そしてこの始まりから、
9年かけて連載が続き、
ようやく完結した大人気の作品。

渡辺あゆ先生いわく、
連載当初は、
「シンプルに胸キュンできるラブストーリー」
というテーマを決めていたそうですが、
途中から「家族」というテーマについても、
深く書きこんでいくことになったことで、
連載当初から心がけていた、
「シンプルさ・分かりやすさ」と両立して、
作品を描いてこられたとのことです。

このシンプルでかつ分かりやすい、
というのは、
読み手に取って、
すっとその世界観に入りやすい、
と言えるのではないでしょうか?

確かに筆者も読んでみて、
さくさくと物語の世界観に入り込んでしまい、
日常+ドキドキ感があることで、
続きが気になっちゃいました。

こういったことからも、
【L♥DK】が多くの人たちに支持された理由とも言えるのかな、
って思いました。

 

それでは【L♥DK】以外の渡辺あゆ先生の作品について、
もうひとつ紹介したいと思います。

【キミがスキ】

キミがスキ(1) (別冊フレンドコミックス)

この爽やかな感じがいいですねー!
Amazonの作品紹介によると、

渡辺あゆが描く、共感度No.1青春ストーリー!
Amazon作品紹介より)

となっています!

イマドキの中・高生はこの漫画を読んで、
胸をドキドキさせているんでしょうね^^

主人公で中3の亜希は、
同じバスケ部の仲間の男子に恋をしているのですが、
違う中学の男子から告白されてしまうという!?

せつなくてもどかしい、
純粋な恋愛模様を描いた、
そんな作品となっているようです。

筆者は読んだことはないのですが、

10代の頃に戻ってドキドキ出来るような作品なのかな?
って思ったことから、
とても興味がありますね・・・☆

年甲斐もなく?
読んでみたいところです。

 

その他の作品についても、
タイトルを見ただけでもドキドキするような、
恋愛ストーリーになっているみたいなので、

若かったころを思い出しながら、
読んでみたいなって思っています^^

 

さて大人気だった【L♥DK】が、
ついに終了してしまいましたが、
機会があれば番外編も描きたいと、
渡辺あゆ先生がインタビューで話をされているようなので、
これからも葵と柊聖の「その後」の姿が見れるかもしれませんね?

そして新作についても、

イチから出直すような気持ちでいます。
(出典:講談社コミックプラス

そう話をされており、
【L♥DK】が人気だっただけにプレッシャーもあるかと思いますが、
頑張って下さいね!

新作が読める日を楽しみにしたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)