漫画家どっとこむ☆
日本の文化を支える敬愛すべき漫画家先生の
顔や年収などをチェックしちゃいます♪
男性漫画家

西倉新久の両親は弘兼憲史&柴門ふみ!ちばてつや賞漫画家の作品などwiki風プロフィール

漫画家の先生同士でご結婚されている方は数多くいますが、
中でも有名なのが、

弘兼憲史先生&柴門ふみ先生

ではないでしょうか。

両先生の作品は筆者も大好きで、

弘兼憲史先生の【黄昏流星群】は、
見かけるたびについ読んでしまいますし、

柴門ふみ先生の作品はそれこそ、
ハマりまくって単行本も買い揃えていた時期がありましたが^^

そのお2人の息子さんがなんと!
漫画家としてデビューしていたという情報が入ってきたので調べたところ、

「西倉新久」という先生だということが分かりましたが、
どんな作品を描いているのでしょうか?

とても気になるので、
チェックしてみましょう♪

(主な内容)

  • 西倉新久、wiki風プロフィール
  • 西倉新久は弘兼憲史&柴門ふみの息子!
  • 西倉新久、作品紹介
スポンサードリンク

西倉新久、wiki風プロフィール

西倉新久 プロフィール
ペンネーム西倉新久
本名兼弘 ?
生年月日 ―
血液型 ―
学歴 ―
出身東京都
新人漫画賞
受賞歴
ちばてつや賞 ヤング部門 大賞受賞
(2014年)
主な作品
  • 湊さんの水やりの時間
    (2015「週刊ヤングマガジン」)
  • HOTEL R.I.P. (ホテルレストインピース)
    (2016「エレガンスイブ」・2017「週刊少年チャンピオン」・「マンガクロス」不定期連載)

※他同人誌等の作品が多数あり

備考
  • 女のきょうだいが1人いる

※2019年6月現在

まず西倉新久先生のプロフィールを調べてみましたが、
詳細は殆ど分からず、

また生年月日を記載したものが見当たらないため、
年齢も不明なんですね。

ただご両親が結婚されたのが1980年という情報があるため、

生まれたのがそれ以降だと考えられますので、

西倉新久先生は2019年現在、
おそらく30代ではないかと思われます。

そして唯一の手掛かりとなりそうなものに、
先生の公式Twitterがあるのですが、

過去ツイートを拝見したところ、
先生の顔画像?ではないかと思われるものがありましたので、

ちょっとご紹介します。

西倉新久先生ご本人の姿ではないかと思われる写真ですが、
どうなんでしょうね^^

なんとなく父親の弘兼憲史先生に似ている?
気もしますが・・・??

 

さて西倉新久先生は2014年に、
漫画の新人賞のひとつで「ヤングマガジン」の誌上で募集されている、

「ちばてつや賞」のヤング部門にて、

2014年【湊さんの水やりの時間】が大賞に選ばれたことから、
翌年「週刊ヤングマガジン」に掲載され漫画家デビューしましたが、

それ以前から同人誌において、
「ABXXX」というサークル名で作品を発表されていたみたいですね。

 

ちなみにこの漫画賞ですが、
大賞受賞というのは「該当者なし」の回もあるようなので、

審査基準の厳しい新人漫画賞であることが伺えますので、

西倉新久先生の作品と言うのはプロの目から見て、
漫画家として才能を感じるものがあったのでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

西倉新久は弘兼憲史&柴門ふみの息子!

西倉新久先生が漫画家としてデビューした時、
実は両親が人気漫画家「弘兼憲史・柴門ふみ」の息子、
ということを公表しなかったそうで、

2019年6月に掲載された記事によって、

西倉新久先生がお2人の息子であることが、
分かりました。

 

西倉新久先生は弘兼憲史先生の漫画の、
背景を描く手伝いをしたことがあったものの、

漫画を描いて賞を受賞したことについて、
両親へは事後報告だったそうで、

西倉新久先生は、
漫画家になる為の相談などを両親にしたことはなく、

また両親が有名漫画家であることも、
ずっと隠していたんだそうです。

柴門ふみ先生によると、

私たちが両親だということを、息子はずっと隠していたようです。漫画界は完全に実力主義なので、親のコネでデビューできる世界ではないのですが、“親の七光”だと言われることをとにかく嫌っていたみたいです。
(引用:週刊女性PRIME

確かに芸能界などとは違って、
「コネ」で何とかなる世界ではないと思いますが、

それでも有名漫画家の息子というだけで、
何かと親と比較されてしまうので、

西倉新久先生はそういうのが嫌だったのだと思います。

しかしこうして、
漫画家として実力が世間から認められて、
知名度も上がってきたことから、

今なら公表しても構わない、
という気持ちになったのかもしれませんね。

 

西倉新久、作品紹介

ということで、
気になる・・・西倉新久先生の作品について、

見てみたいと思います。

先に記載した雑誌のインタビューによると、

作風や絵柄に両親の影響が見られない、
とありますが・・・

一体どんな作品を描いているのでしょうか?

 

【HOTEL R.I.P.】

HOTEL R.I.P. 1【電子書籍】[ 西倉新久 ]

イマドキの作風でカワイイ絵柄ですよね。

 

内容はというと、

不慮の事故などで突然死んでしまったことで、
現世に心残りがある状態の人だけが泊まるホテル。

このホテルに泊まり現世での心残りを解消していく、
といった作品となっています。

内容は確かに現実にはあり得ない世界ではあるものの、

そこに登場する人物の「心残り」というのは、
現実にもある事だったりするので、

作品に登場する人たちの気持ちなどは、
ファンタジーといいながらも結構現実味がある内容なので、

そこが個人的にも筆者好みの作品ですね^^

 

それに加え、
絵柄もイマドキの作風でとても読みやすいので、

こういったところが逆に、
ご両親の作品よりも西倉新久先生の作品の方が、
今の若い人たちを中心に受け入れやすい気がします。

 

そんな西倉新久先生の作品は現在、
商業誌での単行本は【HOTEL R.I.P.】のみとなっていますが、

先生の公式サイトでは嬉しいことに、
過去の作品が読めますし、

また「COMIC ZIN」というサイトでは、
同人誌サークル名「ABXXX」名義で先生の作品が販売されていますので、

これ以外の過去の作品が読みたい方は、
コチラもぜひチェックしてみて下さいね!

■ABXXX : http://a-b-x.sakura.ne.jp/

■COMIC ZIN : https://shop.comiczin.jp/products/list.php?category_id=3314

 

有名漫画家の息子であることが公表された西倉新久先生ですが、

親の力を借りることなく、
いい作品を描かれる漫画家先生なので、

これからの活躍に期待し応援したいと思います!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)