漫画家どっとこむ☆
日本の文化を支える敬愛すべき漫画家先生の
顔や年収などをチェックしちゃいます♪
女性漫画家

南波あつこ青夏漫画原作者の顏や年齢、結婚などwikiプロフィールや新連載は?

2018年夏の話題の映画のひとつ、
【青夏】。

葵わかなさん・佐野勇斗さん主演のこの映画ですが、

夏休み30日間だけの恋をテーマに描かれた、
まさに胸キュンものの映画のようで、

映画の宣伝番組をちらっと拝見しただけでも、
とっても気になってしまう映画ですね^^

さてこの映画の原作というのが、
【青夏Ao-Natsu】というタイトルの漫画で、

この作品を描いているのが、

南波あつこ先生ですが、

実は筆者、
南波あつこ先生の漫画を読んだことがないので、

他にどんな作品があるのか?

プロフィールとあわせてチェックしてみましょう♪

(おもな内容)

  • 南波あつこ プロフィール
  • 南波あつこ、出産で休載したことがある?
  • 南波あつこ、【青夏】などおススメ作品
スポンサードリンク

 南波あつこ プロフィール

南波あつこ プロフィール
ペンネーム南波あつこ
本名 ―
生年月日??年9月28日
血液型O型
学歴 ―
出身 ―
デビュー受賞歴バランス
(第16回BF新人まんが大賞佳作)
主な作品
  • 太陽は君に輝く
    (別冊フレンド)
  • かわいいって言ってよ
  • 恋・桜色
  • 体温を、感じるほど。
  • 冬の太陽
  • 先輩と彼女
    (2004-2005「別冊フレンド」)
  • スプラウト
    (別冊フレンド)
  • 隣のあたし
    (2009-2012「別冊フレンド」)
  • いちごカルビ
  • 空と海と夏
  • 青夏Ao-Natsu
    (2013-2017「別冊フレンド」)
備考
  • 【先輩と彼女】は2015年に映画化
  • 【スプラウト】は2012年にテレビドラマ化

※2018年7月現在

まず南波あつこ先生の生まれ年や出身は、
公表されておらず、

また当然ながらお顔についても、
公開されていませんでした。

唯一後姿だけ会見できたのが、
千葉県にある通信制の明聖高校のHP。

南波あつこ先生は、
コチラの学校を訪れて生徒と対談されており、
その時の様子の画像があるのですが、

後姿だけではありますが、
「美人先生」という記載がありました^^


(http://www.meisei-hs.ac.jp/info/?p=101より1部引用)

そしてデビューが、
「BF新人まんが大賞」で佳作を受賞されたことだったのですが、

「第16回」目というのが何年なのか?
調べてみたのですがよく分りませんでした。

しかし同時期にこのまんが大賞佳作でデビューされた、
吉井ユウ先生が活躍し始めた年が2001年頃からの記載があるので、

デビューされたのはおそらく2000年前後ではないでしょうか?

そう考えると南波あつこ先生は現在、
漫画家歴約20年弱といった感じではないかと思います。

だとすると年齢はおそらく・・・
30代後半くらいかな?という気がしますが??

南波あつこ先生はSNSやブログをされていないので、
基本的に私生活やご自分のことを公にしない方なのでしょうね。

 

南波あつこ、出産で休載したことがある?

ところで南波あつこ先生は実は既婚者で子供がいる?
というのが分かる記載があったのが、

2015年10月に発表された、
南波あつこ先生の休載のお知らせ。

その理由に「出産」とあったので、

南波あつこ先生には子供がいる、
ということが分かります。

ということは今は子育てしながら、
漫画を描いていると思われるので、

きっと家庭でも忙しい毎日を送っていると思います。

 

スポンサーリンク

 

南波あつこ、【青夏】などおススメ作品

それでは最後に、
南波あつこ先生の作品を見てみたいと思います。

 

まずは映画化され話題になっている、

【青夏Ao-Natsu】

青夏Ao-Natsu(1) (別冊フレンドKC) [ 南波あつこ ]

運命の恋に憧れる、
女子高に通う・理緒が弟と夏休みの間、
田舎の祖母の家に行くのですが、

そこで出会った地元の酒屋の息子・吟蔵と、
最初はそれこそ運命の出会い?
と感じる理緒だったのですが、

吟蔵のちょっとした誤解で、
最初は険悪だった理緒と吟蔵。

しかしそんな誤解も解け、
打ち解けていくのですが・・・

しかし吟蔵には親が決めた許嫁がいることが分かり、

理緒は複雑な気持ちになってしまう、

といったところが、
冒頭のストーリーとなります。

「夏休み」という期間限定の間、
理緒と吟蔵の関係はどうなってしまうのか?

映画もそうでしたが、
原作であるこの漫画も、

少し読んだだけでとても続きが気になってしまいますし、

なにより、
ストーリーの端々にもクスッと笑えるところがあって、

そこがまた、
この作品のいいところではないでしょうか?

ちなみに【青夏Ao-Natsu】は、
2017年8月に渡辺あゆ先生の【L・DK】と同じ時期に、
連載が終了していますが、

2018年7月13日に発売された、
「別冊フレンド7月号」で、

映画公開を記念して、

【青夏Ao-Natsu】の番外編ということで、
理緒と吟蔵が迎える「2度目の夏」の話になっているので、

完結したあとのふたりがどうなったのか?

気になりますね^^


別冊フレンド2018年8月号[2018年7月13日発売]【電子書籍】[ 別冊フレンド編集部 ]

 

それでは!
コチラもやはり映画化されて話題になった作品。

【先輩と彼女】

先輩と彼女1巻【電子書籍】[ 南波あつこ ]

都築りかは部活に勧誘してくれた先輩、
美野原圭吾のことが気になるのですが、

好きになった彼には、
りかと出会う2年前から想いを寄せる人がいた、

という、
何とも切ない青春のラブストーリー。

ちなみにこの作品の映画化にあたっては、

南波あつこ先生が、
主演をつとめた美野原圭吾役・志尊淳さんの、
【烈車戦隊トッキュウジャー】での演技を評価したことで、

先生がこの作品の実写化を承諾されたというエピソードがあります。

しかも原作のストーリーやシーンを忠実に再現するよう、
南波あつこ先生もこの実写映画には関係されているそうなので、

原作ファンの方も納得の映画なのではないでしょうか?

 

最後にもうひとつ。
これは冒頭を試し読みして面白そう!と思ったのが、

【いちごカルビ】

いちごカルビ1巻【電子書籍】[ 南波あつこ ]

アイドルになりたいけどオーデションに落ちまくりの杏奈と、
人前でうまく話せない優希。

この2人が「お笑いコンビ」を結成することになり、
文化祭のステージに立つという話で、

ラブストーリーものではないですが、

明るく楽しい気持ちになるこの作品です。

 

ということで、
南波あつこ先生の作品をご紹介しました。

2018年7月現在、
【青夏】以降は新たな作品の発表はありませんが、

また近いうちにきっと、
胸キュンするような・・・
青春ラブストーリーの新作を描かれるのではないかと期待して。

南波あつこ先生をこれからも、
応援したいと思います!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)