漫画家どっとこむ☆
日本の文化を支える敬愛すべき漫画家先生の
顔や年収などをチェックしちゃいます♪
ぶんか社

桜沢鈴・義母と娘のブルース漫画原作者は福島在住!顏や年齢経歴、結婚などwiki風プロフィールや作品を紹介

2018年7月よりTVで放送されているドラマ、
【義母と娘のブルース】。

綾瀬はるかさん・竹野内豊さんが出演されるこのドラマは、
心がほっこりするような物語ということのようで、

またタイトルもちょっとインパクトがあり、
そして番宣で見かけるたび、
綾瀬はるかさんの眼鏡・スーツ姿も気になるのですが・・・

実はこのドラマの原作って、
漫画だったんですね!?

そこで今更ながら、
この作品の原作漫画をちょっと拝見したところ、

絵柄もキレイで読みやすい漫画だったので、

これは間違いなくハマってしまいそうな予感がしています☆

さてこの作品を描いているのが、
漫画家の桜沢鈴先生ということなんですが、

桜沢鈴先生の作品を、
今回ドラマ化された【義母と娘のブルース】で初めて知ったので、

どんな漫画家先生なのか?

そして【義母と娘のブルース】がどの雑誌に掲載されているのか、
また桜沢鈴先生は他にどんな作品を描いているのか?

知らないことだらけなので、

早速チェックしてみましょう♪

(おもな内容)

  • 桜沢鈴 プロフィール
  • 桜沢鈴の【義母と娘のブルース】とは?
    (桜沢鈴の作品紹介)
スポンサードリンク

桜沢鈴 プロフィール

 

桜沢鈴 プロフィール
ペンネーム桜沢鈴
(さくらざわ りん)
本名 ―
生年月日??年1月3日
血液型A型
学歴 ―
出身大阪府
デビュー作
主な作品
  • ヤマトナデシコ
    (「まんがライフMOMO」)
  • こいつら ほっとけネーゼ
    (「別冊本当にあった笑える話」
  • ふぁんきーサーバント
    (「まんがくらぶオリジナル」)
    義母と娘のブルース
    (「主任がゆく!スペシャル」)
  • うさこのドタバタ奮闘記
    (「別冊本当にあった笑える話」)
  • 芸能記者さとみのマル秘レポート
    (「本当にあった笑える話PINKY」)
  • オシャレ忍者バツマル
    (「WEBSITE MiChao!」)
  • プライスレス家族
    (「主任がゆく!スペシャル」)
  • 元美少女戦士の妹
    (「コミックハイ!」)
  • 指せない二人▲せんて
    (「主任がゆく!スペシャル」」)

・・・など

備考
  • 福島県大沼郡三島町 在住
  • 既婚者

※2018年8月現在

桜沢鈴先生は主に、
ぶんか社が発行する「主任がゆく!スペシャル」や、

読者が体験談を投稿たものを4コマ漫画にする、
「本当にあった笑える話」などで漫画を執筆されています。

そんな桜沢鈴先生のデビューは?
ということですが、

その辺りの情報は見当たりませんでしたが、

【ふぁんきーサーバント】という作品が、
今から10数年前に4コマ漫画雑誌に掲載されていた、
という情報があったので、

少なくとも漫画家歴10年以上は超えていると思われますね。

ということで、
桜沢鈴先生の年齢というのも気になりますが、

どうやらこの辺りについては非公開、
ということになっており、

その理由についてこんなツイートが・・・

「謎の人でいたい」という桜沢鈴先生の意向を尊重して、
これ以上年齢の追及は辞めておこうと思います☆

ちなみに桜沢鈴先生の詳しい経歴というのも、

ご出身が大阪で、
かつては東京在住。

2014年に、
「誰も知り合いがいない新天地に住もう」と思ったことから、

福島県会津若松市に移住。

さらにその2年後に、
同じ福島県にある三島町に拠点を移されて、

現在はここで漫画を描いている、

ということぐらいしか分からず、

ご卒業された学校の情報などは見当たりませんでした。

しかし。
今回作品がドラマ化されたことで、

今お住まいの福島の県庁を訪れ知事を表敬訪問した時の様子、
というのが記事になっているのを発見!

なのでコチラから、
画像を引用させていただきました。


(出典:河北新報)

こうして拝見すると、
桜沢鈴先生は美人漫画家先生ですね♪

ところで先生の右横にいらっしゃる男性ですが、
コチラの方はなんと!桜沢鈴先生の旦那様だそうですよ。

桜沢鈴先生の夫ですが、

福島県で情報サービス業「toor」の社長を務める、
高枝佳男さんという方で、

今お住まいの、
福島県三島町で出会った方なんだとか?

それにしても、
漫画家先生の多くは東京やその周辺で活躍される方が多い中、

宮崎在住の山本航暉先生のそうでしたが、

元々その土地の出身ではない方が、
その場所を気に入って活動されるというのは、

ここに住んでいる人たちにとっても、
とても嬉しく有難いことですし、

また励みになりますよね。

しかも桜沢鈴先生の住んでいる場所というのはかなり田舎らしく、
山奥だからこそ作品に集中できるのだとか?

これからは桜沢鈴先生たちのように東京などにこだわらず、

好きな場所で漫画家の活動をされるといった方が、
もっと増えていくのかもしれませんし、

このことは地方在住者にとっても、
とても嬉しいことですね^^

■関連記事■

◇山本航暉、今現在は宮崎在住で新作を連載中!年齢や性別なども調査

 

スポンサーリンク

 

桜沢鈴の【義母と娘のブルース】とは?
(桜沢鈴の作品紹介)

それでは今回ドラマ化されて話題になっている、
【義母と娘のブルース】について、
紹介したいと思います。


義母と娘のブルース【電子限定かきおろし漫画付】 (上) (主任がゆく!スペシャル)

この表紙に描かれている右側の眼鏡の女性が、
今回綾瀬はるかさんが演じる役となっていますね^^

この作品はストーリー漫画と思いきや、
中身は主に4コマ。

この画風で4コマというのが意外な感じしますが、

中身を少し拝見すると、
4コマでありながらもちゃんと一つの話に繋がっている、
そんな内容となっているみたいですね。

簡単にあらすじを紹介すると、

母を亡くし父の良一も余命幾ばもないという、
小学生のみゆき。

そのみゆきの元に父が再婚相手を連れてきますが、

再婚相手となった女性が、
仕事一筋のバリバリのキャリアウーマン・亜希子。

亜希子は仕事は出来るのですが、
家事とかが苦手で子供の接し方とかよく分りません。

そんなふたりは親子としてやっていけるのか?

そして父・良一がなぜ亜希子と再婚したのか?

軽い感じのギャグでクスっと笑える一方で、
その中にもシリアスな部分があって、

これは読み進めていくと、
絶対ハンカチが必要になりますね!!

また全部がシリアスだと、
読んでいくうちに気持ちが重くなって辛くなってしまいますが、

こうやって4コマにして時折笑いを入れているので、
ついつい夢中になって一気に読んでしまう、

そんな作品だと思います。

 

さて桜沢鈴先生は、
主に4コマ漫画雑誌で描いているので、

ドラマ化されるまで、
先生の漫画を読んだことなかったという、

筆者も含めそんな方も多いかと思うので、

ここで他の作品をひとつ、
紹介したいと思います。

【ふぁんきーサーバント 】

【中古】 ふぁんきーサーバント(1) バンブーC/桜沢鈴(著者) 【中古】afb

コチラは現在、
電子書籍が見当たらず中古しかないようですが・・・

桜沢鈴先生の作品を調べると、
この作品が面白い!と書いている方が多かったです。

内容は公務員が主人公。
しかもは区役所の戸籍係という地味な?職場でありながら、
モデル顔負けの美女だそうです。

この設定だけでも、
これは面白そう!と思ってしまったので、

機会があったら読んでみたいと思います。

あと桜沢鈴先生の作品を色々読みたい!
ということなら、


怒れるブスと美青年【電子書籍】[ 桜沢鈴 ]

これは表題の【怒れるブスと美青年】と、
読者投稿を漫画にした【こいつらほっとけネーゼ】が収録されているので、

桜沢鈴先生の漫画を他にも読んでみたい!
という方にはおススメの1冊と言えそうです。

 

さて今回【義母と娘のブルース】がドラマ化され、
桜沢鈴先生の漫画作品にも注目が集まると思いますが、

現在も福島県から新作の漫画を描いているとのことなので、

※2018年8月現在、
ぶんか社のWEBサイト「HONWARA COMIC PORTAL」にて
【指せない二人△ごて】を公開してます。

これからも桜沢鈴先生の活動を応援したいと思います!!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)