漫画家どっとこむ☆
日本の文化を支える敬愛すべき漫画家先生の
顔や年収などをチェックしちゃいます♪
女性漫画家

神尾葉子、花のち晴れはおススメ作品!顏や結婚などwikiプロフィールについても調査

かつて井上真央さんと【嵐】の松本潤さんが出演して、
話題になったドラマ【花より男子】!

松本潤さんのオラオラ的な態度がハマり役で、
とても好きなドラマでしたが、

原作は漫画なんですよね?

当時原作の漫画は読んだことはなかったのですが、

先日アプリ「ジャンプ+」を見ていたら、
その【花より男子】の続編というものがUPされていたので、
読んでみたところ・・・

めちゃハマってしまいw

その後ネットカフェで今出ているところ、
全部読んでしまいました!

久しぶりに面白い漫画を読んだなー
と思いましたが。

と同時に作者である、
神尾葉子先生って、
どんな漫画家なんだろう?
と気になったので、

チェックしてみましょう♪

(主な内容)

  • 神尾葉子プロフィール
  • 発行部数少女漫画で第1位!神尾葉子の年収は?
  • 【花より男子】には続編があるの?
スポンサードリンク

神尾葉子 プロフィール

 神尾葉子 プロフィール
ペンネーム 神尾葉子
本名  ―
生年月日 1966年6月29日
血液型 B型
身長  ―
学歴 東京工芸大学女子短期大学部 卒業
出身 東京都
デビュー作 はたちのままで待ってる
(1986年「ザ マーガレット」)
主な作品
  • さよならをありがとう
  • あの日に遭いたい
  • スキスキ大好き
  • めりーさんの羊
  • 花より男子
    (1992-2004「マーガレット」)
  • キャットストリート
    (2004-2007「別冊マーガレット」)
  • まつりスペシャル
    (2007-2009「ジャンプスクエア」)
  • 虎と狼
    (2009-2012「別冊マーガレット」)
  • いばらの冠
    (2013-2014「別冊マーガレット」)
  • 花のち晴れ〜花男 Next Season〜
    (2015-「ジャンプ+」)
備考
  • プロレスなどの格闘技が好き。プロレスラー三沢光晴のファン。
  • 小学校の時はジャカルタに在住して現地の日本人学校に通っていた。
  • 既婚者で相手は編集者らしい?
    (信ぴょう性のある出所は不明)

(2017年8月現在)

神尾葉子先生の漫画と言えば、
【花より男子】が有名なので、
少女漫画家というイメージが強いのですが、

幼少期の頃から、
プロレスなどといった格闘技が好きだったことから、
少女漫画は殆ど読まず、
どちらかというと【あしたのジョー】などと言った、
少年漫画を読んで模写していたそうです。

神尾葉子先生の絵柄からして、
少年漫画のイメージが見受けられないので、
ちょっと意外な感じがしますね!

ちなみに、
神尾葉子先生はプロレスを題材にした漫画も描かれています♪

その作品がコチラ、
【まつりスペシャル】
<
まつりスペシャル カラー版 1【電子書籍】[ 神尾葉子 ]

「ジャンプスクエア」にて掲載されたこの漫画は、
プロレスを題材にした漫画で、
恋愛要素もありながらも、
少年漫画らしい部分も持ち合わせた作品になっているそうです。

そこでちょっと冒頭部分を試しに読んでみたのですが・・・

学校ではおとなしく過ごしている女子高生が、
実は家では覆面レスラー??

この展開、
冒頭からめちゃ気になるww

試し読みだけでなく、
これは一気に全部読んでみたいと思いました。

 

さて神尾葉子先生は、
デビューは1986年ということなので、
実はキャリアの長い漫画家なんです。

筆者個人的に、
まだ若手のイメージがあったのですが。

言われてみれば・・・

大ヒット作の【花より男子】は、
1992年より連載していた漫画なので、
実に25年くらい前から連載していた漫画といえます。

花より男子 1【電子書籍】[ 神尾葉子 ]

そして今回、
初めてドラマの原作でもある漫画を拝見しましたが、
・・・やっぱり面白いww

主人公・つくしの強さにスカッとさせられるし、
なにより道明寺がちょっとおバカなところが、
憎めないですよね^^

しかもあの風貌と、
実写ドラマ化演じた松本潤さんは、
本当にハマり役だったなーと、

改めて思います。

原作の漫画が面白いだけでは、
実写のドラマ化でヒットしませんが、

原作のイメージにふさわしいキャスティングと、
そしてイメージを壊さないストーリー展開が、
原作を知らない人たちにもウケて、

漫画同様にドラマもヒットしたのかな?
なんて思いました。

そしてドラマしか見たことなかったのですが、

こうして改めて原作である漫画を読むと、
ドンドン続きが読みたくなっちゃいますね。

 

スポンサーリンク

 

発行部数少女漫画で第1位!神尾葉子の年収は?

そんな神尾葉子先生の代表作【花より男子】ですが、
単行本全37巻で発行部数は6100万部を超えています!

これって、
【ワンピース】などと比べてみると、
少ないんじゃないかって思うかもしれませんが、

実はこの作品。

少女漫画の発行部数の中では、
第1位となっています。

ちなみに漫画作品全体では23位。

その上位をほとんどが、
少年漫画が占めているみたいです。

言われてみれば、
男性が少女漫画を買うのって、
ちょっと抵抗があるのかもしれませんが、

女性が少年漫画を買うことに、
あまり抵抗を感じないですよね?
(筆者もその一人ですがw)

そういったことからも、
少女漫画より、
少年漫画の方が売れているのかもしれませんね?

そんな神尾葉子先生の年収ですが、
現在は高額納税者を公表していないので、
現在の年収は不明ですが、

2002年のデータでは、
年収5700万円だったという話もあり、

またコミックだけでも実に!
14億の印税があるとも言われています。

いづれにしてもコミックの印税に、
それにともなうドラマ化や映画化などといった部分から、
相当の収入があると思われるので、

現在も1000万単位の年収があるような気がしますね?

コミックが大ヒットする、
ということは、
それだけで大きな財産をひとつ築き上げることと同じなんだなと、
つくづくそう思います。

 

【花より男子】には続編がある?

ところでこの、
大ヒットした神尾葉子先生の漫画【花より男子】の続編が、
実は今・・・連載されています。

これはスマホのアプリでも無料で読める、
「少年ジャンプ+」

こちらに隔週の日曜日に配信されているんですね!

タイトルは【花のち晴れ〜花男 Next Season〜 】

花のち晴れ〜花男 Next Season〜 1【電子書籍】[ 神尾葉子 ]

【花より男子】の主人公・「つくし」と、
「F4」たちが英徳高校を卒業して2年後という設定で描かれており、

物語の随所に、
F4のメンバーのことなどが描かれています。

特にこの作品に登場する中心人物のひとり、
「神楽木 晴」はかつて道明寺に助けてもらったことから、
F4に心酔し、
特に道明寺に対して過剰なまでに?憧れを抱く、
というキャラで、

一見は道明寺のような、
強い男子のように思えるのですが、

実はヘタレな?お坊ちゃま、
というのがなんとも・・・

可愛いなあと思ってしまいました(笑)

ちなみにこの作品は、
【花より男子】の続編として、
神尾葉子先生が、
「花男で書き残したもの」
ということで描いてはあるものの、

掲載しているのが、
「少年ジャンプ+」ということなので、
男性にも共感してもらえるような部分もあるので、

新たに神尾葉子先生の作品のファンになったという、
男性ファンも増えたのではないでしょうか?

ちなみに。
この「少年ジャンプ+」というのは、
無料で登録できる雑誌アプリなんですが、

なんと!アプリをダウンロードすれば、
この【花のち晴れ】は、
隔週日曜日に1話無料で読めるというので、

これはとても嬉しいですね。

せっかくのこの機会に、
【花のち晴れ】、
そしてさかのぼって、
【花より男子】を読んでみるといいかもしれません^^

ぜひ!おススメします♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)