Twitterになんと!
こんなニュースが掲載されていましたが・・・

もうこれだけで十分気になってしまいますww

これって、
【少年アシベ】の続編、
ということになるんですよね・・・?

ということは、
赤ちゃんアザラシだったゴマちゃんも、
大人になっているのだろうか??

色んなことが気になりますがw

そういえば、
【少年アシベ】を描いた漫画家といえば、
森下裕美先生ですが、

現在はどのような作品を描いているのでしょうか?

チェックしてみましょう♪

(主な内容)

  • 森下裕美 プロフィール
    夫や子供について
  • 【青少年アシベ】について
  • 森下裕美の作品
スポンサードリンク

森下裕美 プロフィール

 森下裕美 プロフィール
ペンネーム  森下裕美
(もりした ひろみ)
本名   ―
生年月日  1962年9月7日
血液型  AB型
身長   ―
学歴  奈良県立山辺高等学校 卒業
出身  奈良県
デビュー作  少年(1982年「ガロ」)
主な作品 ●JUN
(1982「週刊少年ジャンプ」)
●荒野のペンギン
●SS〈サイボーグサラリーマン〉
●恋人のいる街
●あっ にてる
●23のさかな
●少年アシベ
(1988-1994「週刊ヤングジャンプ」)
●COMAGOMA
(2000-2004)
●ここだけのふたり!!
(1988-2002「まんがくらぶ」)
●ここだけのふたり!
(2005「漫画アクション」)
●ひまわり武芸帖
(1988-1990)
●カッパ天国
●エンヤ KODOMO忍法帖
(1995-1998「週刊少年サンデー」)
●仕事でおさる
●スーパーまるでん
●ナゾナゾ謎のお友達
●ウチの場合は
(2002-「毎日新聞」)
●大阪ハムレット
(2005-「漫画アクション」)
●夜、海へ還るバス
●トモちゃんはすごいブス
(2010-2013「漫画アクション」)
●なのな フォト ゴロー
●36寿司(サブロクズシ)
●かわうそ3きょうだい
 受賞歴 ●1982年:【英語教師】ヤングジャンプ青年漫画大賞準入選
●1992年:【ここだけのふたり!!】日本漫画家協会賞優秀賞
●2006年:【大阪ハムレット】文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞
●2007年:【大阪ハムレット】手塚治虫文化賞短編賞
備考  奈良弁護士会マスコットキャラクター「こまちゃん」のデザインを手掛けている

※2017年7月現在

森下裕美、夫や子供は?

森下裕美先生は既婚者ということですが、
だんな様も漫画家で、

山科けいすけ先生!

東京都のご出身で東洋大学卒と言う学歴をお持ちの、
山科けいすけ先生ですが、

本名が、
簗島 馨(やなしま かおる)
と言うそうです。

パッと見読めませんでしたがww

と言うことは、
森下裕美先生の今の本名は、
【簗島】ということになるのでしょうか?

そして森下裕美先生も、
様々な受賞歴をお持ちですが、

山科けいすけ先生も、
代表作である【C級さらりーまん講座】で、
文藝春秋漫画賞を受賞されており、


さらには、
この【C級さらりーまん講座】と、
【パパはなんだかわからない】という、
サラリーマンを題材にした作品で、
手塚治虫文化賞短編賞を受賞しているという・・・!

夫婦そろって、
才能ある漫画家といえますね^^

しかも絵柄も、
夫婦でどことなく似てる気がします。

ちなみにお2人の間に子供はいるのか?
ちょっと調べてみましたが、

その辺りのプライベートな情報は、
公開されていないようです。

 

さて中学2年の夏休みに、
初めて長い作品を描いて漫画の応募をされた、
森下裕美先生は、

19歳の時に青年誌「ガロ」と、
ヤングジャンプで賞を貰い、
漫画家としてデビューしました。

近年は主に「漫画アクション」を中心とした、
青年誌で活躍されていますが、

デビュー当時は、
「週刊少年ジャンプ」で執筆されていたり、
「週刊少年サンデー」でも描いていたりと・・・

出版社の枠を超えて、
描いてこられていたんですね?

ちなみに代表作のひとつである、
【少年アシベ】は、
「週刊ヤングジャンプ」で連載していました。

その当時・・・
筆者は高校生とかでしたが^^;

めちゃくちゃハマって、
単行本も買い集めていましたよ!!


筆者も全巻持っていました♪

ゴマちゃんの愛らしさと、
それを取り巻くキャラクターがとにかく個性的で、

めちゃ大好きでした!

なかでもスガオ君が、
アシベ君に会いたくても、
いつもすれ違って会えない、
っていうのが、
切なかったですね(T T)
(しまいには2度と会えないような場所に転勤しちゃうしw)

作品が発表され、
最初にアニメ化されてかなりの年月になりますが、

実は今も、
再びアニメ化されているんですね!

NHK Eテレにて現在放映中だそうで、
実はCSアニメ専門チャンネルでも見れるんです^^
・・・というか、
アニメを最近見たのですが(笑)

やっぱりゴマちゃんはカワイイです(*^^*)

しかしこうやって再び、
アニメ化されるということで、
【少年アシベ】は世代を超えて、
愛されている作品になっていると言えます。

そして・・・
その【少年アシベ】がなんと!?

高校生になって帰ってくる、
というので・・・

今すごーーーく気になっています。

 

スポンサードリンク

 

【青少年アシベ】について

【少年アシベ】の続編というべき作品、
ということで。

【青少年アシベ】が、
2017年7月25日発売の、
「月刊アクション」9月号より、
連載がスタートするそうです。

このニュースを聞いて、
多くの人が気になっているみたいですね?
(筆者も同様w)

ただ・・・この作品、
ちょっと違うのは?

森下裕美先生は「原作&構成」で、

作画は誰?
かというと、

【笑平】先生と言う、
「BL漫画家」の方とのこと!

 

BLというと、
美少年が沢山出てくる漫画というイメージですが・・・

一体どんな風に、
アシベ君やスガオ君が描かれているのでしょうね??


この絵柄からどんなアシベ君たちが描かれるのか?
非常に気になるっ!

 

ちなみに森下裕美先生が、
作画を笑平先生にと指名されたということなので、

原作者お墨付きの、
今回の連載。

心から楽しみにしてます^^

 

森下裕美の作品

森下裕美先生は、
【少年アシベ】のイメージが大きいですが、

一方で、
ギャグテイストな絵柄でありながらも、
シリアスものを描かれたり、
また4コマ漫画だけでなく、
ストーリー漫画も描ける漫画家なんですね。


ちなみにコチラの作品は、
森下裕美先生デビュー当時の作品。
今の作風とは全く違ってて、
しかもストーリー漫画となってます。

 


コチラは手塚治虫文化賞短編賞などを受賞した、
シリアスな内容の【大阪ハムレット】

調べてみると本当に多彩な作品が出てきて、
作品の幅が広いんだなということが分かります。

そして、
森下裕美先生の作品のなかでも、
タイトルからして気になったのが、

【トモちゃんはすごいブス】

このタイトルが、
スゴくインパクトありますねw

中身をチラッと拝見したところ、
無気力な主人公のところに、
いきなりブス・・・(失礼ww)なトモちゃんが、
家に押しかけて、
いきなり共同生活を始める、
という突拍子のない展開から始まるのですが、

生きることにたいして無気力の、
主人公・チコちゃんが、
トモちゃんの強引さにドンドン巻き込まれて、
1巻の冒頭でいきなり、
キャバクラでバイトする展開になるという!?
(結局「向いていない」ということですぐに辞めちゃうけど)

冒頭を読んだだけでも、
これはかなり面白いと思います・・・!!

そして森下裕美先生。
現在は「毎日新聞」にて、
【ウチの場合は】を連載中とのこと。

コチラは毒気のない?
4コマのファミリー向け漫画となってますが、

ちょっと読んだだけでも、
ついクスっと笑ってしまうので、

これ読みたさに、
毎日新聞を取りたくなります(笑)
※基本的には夕刊にて連載中で、
夕刊のない地域は朝刊統合版に連載されているそうです。

 

今回、
森下裕美先生を調べてみましたが、

【少年アシベ】のような4コマ漫画だけでなく、
しっかりとしたストーリー物の漫画もあって、

ここでは書ききれませんでしたが、
他にも面白い作品があることが分かり、

まただんな様でもある、
山科けいすけ先生の作品にも興味が出てきました。

これから色々見つけて、
もっと読んでみたいと思います^^

そして・・・
【青少年アシベ】にも、
期待したいと思います!!

 

※【漫画家夫婦】関連記事

冨樫義博の今現在は?連載休載の理由や復帰はいつ?弟も漫画家!嫁・武内直子との年収や子供について

うすた京介、嫁は榊健滋!パチンコ批判とは?天才ギャグ漫画家のwikiプロフィール