漫画家どっとこむ☆
日本の文化を支える敬愛すべき漫画家先生の
顔や年収などをチェックしちゃいます♪
男性漫画家

古谷実、今現在は新作ゲレクシス連載中!顏や年齢などwikiプロフィールは?

先日、
なかなかにインパクトのある表紙の単行本を見つけまして。

「あ、この絵は!」
と作者名を見たら・・・やはり。

デビュー作【行け!稲中卓球部】をはじめ、
近年映画化もされた【ヒミズ】【ヒメアノ~ル】など、
数々のインパクトある作品を発表されている、

古谷実先生の作品でした。

ゲレクシス

街中歩いてるとき視界に飛び込んできたら、

どうしちゃったのコレ!?

と思わず立ち止まってしまうレベルw

この【ゲレクシス】ですが、
昨年(2016)の4月から講談社イブニングで連載開始した、
古谷先生の最新作なんですね。

さて新作の【ゲレクシス】をはじめ、
数々のインパクトある作品を生みだしていらっしゃる、
古谷実先生とは、
一体どんな方なのでしょうか?

チェックしてみましょう♪

(主な内容)

  • 古谷実 プロフィール
  • 古谷実の作品紹介
  • 古谷実の最新作【ゲレクシス】
スポンサードリンク

古谷実 プロフィール

古谷実 プロフィール
ペンネーム 古谷実
本名  ―
生年月日 1972年3月28日
血液型  ―
身長  ―
学歴
  • 浦和市立(現さいたま市立)善前小学校 卒業
  • 浦和市立大谷口中学校 卒業
  • 埼玉第一高校(現・開智高等学校)卒業
  • ハリウッド美容専門学校 卒業
出身埼玉県浦和市
(現・さいたま市)
デビュー作 行け!稲中卓球部
(1993年「週刊ヤングマガジン」)
主な作品
  • 行け!稲中卓球部
    (1993-1996「週刊ヤングマガジン」)
  • 僕といっしょ
    (1997-1998「週刊ヤングマガジン」)
  • グリーンヒル
    (1999-2000「週刊ヤングマガジン」)
  • ヒミズ
    (2001-2002「週刊ヤングマガジン」)
  • シガテラ
    (2003-2005「週刊ヤングマガジン」)
  • わにとかげぎす
    (2006-2007「週刊ヤングマガジン」)
  • ヒメアノ~ル
    (2008-2010「週刊ヤングマガジン」)
  • オレは何も知らなかった
    (2010年「週刊ヤングマガジン」7創刊30周年記念企画“嗚呼、我が青春のヤングマガジン”に寄稿
  • サルチネス
    (2012年-2013年「週刊ヤングマガジン」)
  • ゲレクシス
    (2016-「イブニング」)
 主な
アシスタント
山崎紗也夏、鳥飼茜、
石原まこちん(短期間)
備考
  •  中学時代は卓球部、高校時代はラグビー部に所属していた
  • 専門学校を卒業後、1年間美容室で働いていた
  • 【行け!稲中卓球部】を初めて投稿した頃は電車の車内販売の売り子のアルバイトをしていた
  • 2000年頃、一児の父となる。(妻については詳細は不明)
  • 【高校アフロ田中】の作者・のりつけ雅春先生が、稲中におおいな影響と衝撃を受けたと公言している。
  • 望月峯太郎先生のファン。特に【バイクメ~ン】の大ファンである

※2017年1月 現在

プロフィールを拝見すると、
なんと!
古谷先生ご自身が中学時代に卓球部員だったとは!

その頃の記憶が、
大ヒットギャグ漫画
【行け!稲中卓球部】誕生につながったのかもしれませんね。

また、
美容室で働いていたり、
売り子の経験があるなど、
漫画家としてデビューするまでの間、
色んな仕事をされていたようです。

古谷先生は、
【行け!稲中卓球部】でデビューし、
そのデビュー作が大人気漫画となりました。

 

古谷実の作品紹介

さて古谷先生の作品を、
いくつか紹介したいと思います。

【行け!稲中卓球部】

行け!稲中卓球部1巻【電子書籍】[ 古谷実 ]
累計発行部数2500万部(2010年時点)、
アニメ化もされたこの作品。

ロッキング・オン代表の渋谷陽一氏が
「日本では珍しくグランジな味わいを持ったマンガだった」と言い、

真心ブラザーズの倉持陽一氏が
「前野、FOREVER」と言い、

更には!筋肉少女帯の大槻ケンヂ氏、
宇多田ヒカルさん、
きゃりーぱみゅぱみゅさんなど、
錚々たる顔ぶれも好きだと言う…

連載当時も、
そして現在においても、
大きな影響力を持つ作品だと思います。

とにかく全キャラクターが濃い!
そしてギャグセンスが突き抜けている!

筆者も、
意表を突くギャグ構成にどれだけ笑わされたか分かりませんw

ただこの作品の魅力は、
それだけでは無いとも思っています。

現実ではあり得ないようなギャグを畳み掛ける一方で、
やけに現実的な思春期の描写がそこかしこに散りばめられていて、
それがこの作品に深みをもたらしているように感じます。

 

ちなみに「現実的」といえば、
同作品には古谷先生の出身中学校がモデルと思われるカットが、
いくつも出てきていますね♪

いま手元に最終(13)巻があるのですが、

パラパラっと捲っただけでも・・・

16ページ、229ページ、251ページなどなど。
続々とソレと思しき建物が描かれており、

さらに120ページには、
出身小学校の写真とよく似た建物も出てきています。
(興味ある方はぜひ^^)

行け!稲中卓球部13巻【電子書籍】[ 古谷実 ]

 

この【稲中ー】を読んでいると、

学生時代部室で練習もせず悪ふざけや下ネタに全身全霊をかけたり、
異性への関心と友情のはざまで悩み転がったりといった、

思わず共感してしまう読者も多いのではないでしょうか。

そして時折描かれる思春期の薄暗い感情。
これがまた作品に一層の奥行を与えているように感じます。

劣等感・嫉妬・不安。
それらに苛まれることによって湧いてくる怒りや憎悪…
特に145話【良心】には、
それらがギッシリと詰まっていて、
初めて読んだときに背筋が寒くなったのを覚えています。

とはいえ、
ちゃーんと面白いのですがw

古谷先生はこの後、【ボクといっしょ】【グリーンヒル】の2作品を経て、
【ヒミズ】を描かれることになりますが、
個人的には【ヒミズ】の底冷えするような怖さ・哀しさは、
【行け!稲中卓球部】の、
あの145話のときには既に完成されていたように思えてなりません。

 

【ヒミズ】

ヒミズ1巻【電子書籍】[ 古谷実 ]

舞台化・小説化、
2012年には映画化もされた【ヒミズ】は、
それまでのギャグ路線3作品とは一線を画した、
サスペンスホラー作品。

哀しく絶望的なストーリーですが、
読者の心を掴んで離さないパワーがあります。

個人的にはそのパワーに負けないくらいに元気なときにしか読めませんが、
一度触れると忘れられない作品だと思います。

【ヒミズ】を読むときは、
回復薬として、
次に紹介する【サルチネス】を脇に準備しておこうと思います。

 

【サルチネス】

サルチネス1巻【電子書籍】[ 古谷実 ]

【ヒミズ】以降の作品のなかで、
いちばん読者の心に優しく響く作品なのではないか、と。

なにが嬉しいって
「シニカルコメディ」という評価です!

ギャグとまではいかなくても、
古谷先生の笑い寄りの作品が読める!!!

…と言ってもこの作品も他作品同様、
一筋縄ではいかないですがw

ただ面白い・怖いだけではない、
人の心をグッと掴む作品だと感じます。

 

それでは次のページに、
最新作【ゲレクシス】を紹介します!

次のページへ!

1 2

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)