2014年、
大野智さん主演でドラマ化された漫画、
【死神くん】!

この漫画は筆者の好きな漫画のひとつで、

ドラマ化された時、

とても嬉しかったのを覚えています^^
(しかも大野智さんが死神くんというのが良かったww)

ところで、
【死神くん】の作者である、
えんどコイチ先生。

現在も漫画家として、
活躍されているのでしょうか?

ふと思い出し、
気になったので^^;

チェックしてみましょう♪

(主な内容)

  • えんどコイチ プロフィール
  • えんどコイチ出身の新潟は漫画家の宝庫!?
  • えんどコイチの【死神くん】は名作!
  • えんどコイチが集英社で描くようになったキッカケは?
  • えんどコイチ、現在は?

 

スポンサードリンク

えんどコイチ プロフィール

 

えんどコイチ プロフィール
ペンネーム  えんどコイチ
本名  遠藤幸一
生年月日  1956年9月28日
血液型  O型
身長   ー
学歴   ―
出身  新潟県白根市
(新潟市南区)
デビュー作  遠足の日
(1981年「週刊少年チャンピオン」)
主な作品
  • アノアノとんがらし
    (1983-?「週刊少年チャンピオン」)
  • 死神くん
    (1983-1990「月刊少年ジャンプ」など)
  • ついでにとんちんかん
    (1985-1989「週刊少年ジャンプ」)
  • ミラクルとんちんかん
    (1992)
  • オリジナルクエスト
    (1994)
  • ミラクルプッツン大冒険
    (1987「フレッシュジャンプ」)
  • 死体は語る
    (1991「月刊少年ジャンプ増刊」)
  • 不可思議堂奇譚
    (1994「週刊少年ジャンプ」)
  • END ZONE
    (2001「月刊少年ジャンプ」)
  • ライフトレイン
    (2014「主任が行く!スペシャル)
  • コイチの人生劇場

※原作のみ
リトル 〜神様修行中〜
(2001 作画:小西紀行)

 主なアシスタント  にわのまこと
(代表作:THE MOMOTAROHなど)
備考
  • 独身らしい
    (結婚したという情報は現在なし)

※2017年5月現在

えんどコイチ先生は、
東北は新潟のご出身!

確かに、
そんなイメージがありますね^^

ちなみに新潟といえば、
多くの漫画家先生を輩出している、
県のひとつのようですよ?

 

えんどコイチ出身の新潟は漫画家の宝庫!?

えんどコイチ先生のご出身である、
新潟県ですが、

どんな漫画家先生がいらっしゃるのか?
ウィキペディアを参考に、
調べてみたところ・・・

実に多くの方がいらっしゃいました!?

主な方をピックアップしてみると、

このサイトでも取り上げた、
天才と言われている漫画家、
高橋留美子先生を始め、

あの伝説の漫画家、
故・赤塚不二夫先生も、
新潟のご出身でした!

そして。

魔夜峰央先生に、
和月伸宏先生・あだちつよし先生・
小畑健先生・片山愁先生・
こしのりょう先生・しげの秀一先生・
水島新司先生・宮園いづみ先生・
柳沢みきお先生・わかつきめぐみ先生
・・・などなど!

新潟にはまだまだたくさんの、
漫画家先生がいらっしゃるんですね!

新潟って、
漫画家の宝庫だったんですね。

漫画好きにとって、
新潟はある意味・・・
とても魅力的な場所といえるかもしれません♪

えんどコイチ先生は、
お姉さんがふたりいるそうですが、
お姉さんが漫画を描いていたことに影響を受け、
小学1、2年の頃から、
4コマ漫画を描いていたとのこと。

そして高校卒業後は、
なんと!
浜松のヤマハに就職。
楽器を作っていたそうですが、

長男ということもあり、
実家に戻ることになりました。

しかしその前に漫画を投稿したところ、
漫画家としてデビューが決まったそうです。

ちなみに2014年の情報によると、
「新潟市在住」ということだったので、

おそらく?上京せずに、

地元の新潟で、
ずっと漫画を描いていたと思います。

 

ところで、
えんどコイチ先生と言えば、
「週刊少年ジャンプ」の作家、
というイメージが強いのですが、

デビューは意外にも?

「週刊少年チャンピオン」
だったんですね?

デビュー後しばらく、
「チャンピオン」で連載された後、

えんどコイチ先生は、
「チャンピオン」の秋田書店から、
集英社へ移籍されました。

コチラは「週刊少年チャンピオン」で連載された、
【アノアノとんがらし】ですが、
よく見ると・・・
【ついでにとんちんかん】の抜作先生のようなキャラがww

これはちょっと、
読んでみたいですね!!

 

さて、
集英社に移籍されたえんどコイチ先生は、
「フレッシュジャンプ」にて、
名作【死神くん】を発表!

ちなみに筆者は、
【ついでにとんちんかん】を知った後に、
【死神くん】を読み始めたので、

【ついでにとんちんかん】の方が連載が先、
と思っていましたが・・・

実は、
【死神くん】の方が発表が先で、
【ついでにとんちんかん】の方が後、
だったんですね!

そして【死神くん】の方が、
長い期間連載されていました!

 

えんどコイチの【死神くん】は名作!

この可愛らしい姿の子供?
みたいな人が死神くんですが、

死期が近づいている人のところに現れて、
死期が近づいていることを予告し、
その人が悔いなく旅立つ事が出来るように、
力添えしたりするなど、

命の尊さを教え、
そして考えさせられる作品となってます。

筆者個人的には、
「心美人」という話が好きで、
・・・とにかくこれは泣けます!

ちなみにこの話は、
大野智さん主演の実写ドラマでも、
ちょっと内容変えて放送されていましたね。

※筆者おススメの「心美人」は、
この2巻に掲載されています。

あー久しぶりに読みたくなりました!!

ところでこの【死神くん】ですが、
手塚治虫先生の【火の鳥】のように、
自分のライフワークになるような作品を描ければ、
という思いから描き始めたそうです。

そして30年の年月を経て、
実写ドラマ化となりましたが、

大野智さん演じる死神くんについて、
えんどコイチ先生は、
「適役」と思ったそうですよ^^


それにしても大野さん・・・
漫画のキャラに選ばれやすいですよねww

また、
とある新聞のインタビューによると、

死神くんを描いてという仕事があれば
ドンドン描きますよ

そう答えていらしゃるので、

・・・ぜひ!続編、
描いて欲しいです!!!(熱望)

どうやら、
ネタのストックがたまっているようなので?

今の時代にあった内容で、
描いてくれるんじゃないかな?

って期待しています!!

 

次のページでは、
えんどコイチ先生が
集英社へ移籍した理由について、
調べてみました。